CATEGORY[Nゲージ]
コメント[ 0 ] 2018年01月12日16:47
買った切り、殆ど走行をしていないグリーンマックスのEL120。

年末に何とか地上線が繋がったので試走です。
ちっちゃくて中々面白い車両です。問題はカプラー。
アーノルドを全面的に止めてしまっているので、繋がる貨車が無い・・・・(涙)。

まあイイヤ。二両の重連で走らせよう。

で、もう一度レール上にセット。
電圧を徐々に上げる。ビーーーンと言うモーターの高速回転音だけで走らない。
へっ・・・・?

仕事も忙しいので今日までその侭に。
今日は頑張り過ぎて(モチ本職)腰が痛くなった。
引き摺るとやばいので早めに終了。

そうだ、EL120の修理をしよう。
で・・・・・・・・。



極普通にボディーを外し、本体だけにします。Nゲージには珍しくビス止めのダイキャストカバー。
フーン、良い仕事をしているじゃない(基本的にパチンと嵌め合わすのは嫌いです)。

で、カバーを取ったら目が点に成った。



こいつを出す時に、新型パワーユニットって言っていたけどこれは凄い。
なんとベルト駆動(凄いと言ったのは皮肉ですからね、笑)。
アノネー・・・・・。
ベルトが滑って走らないのです。まだ走行時間は30分も走らせたかどうか?
普通、この動力配置なら平歯車でしょうが。
いっぺんに直す気力がゼロ。

トミックスのモーターといい、カトーのポイントといい、欠陥品だらけ。
勘弁してよ。






拍手[0回]

<< 何事も自分で確認(大汗)。 今年最後の入線。>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT