忍者ブログ
CATEGORY[レールレイアウト]
コメント[ 0 ] 2020年02月25日13:21
此の世界に入って、そろそろ丸三年。
まあ、自分でも感心する位頑張りましたね(要は面白いから、笑)。

スタートした当初、生まれ故郷の水郡線を作りたいな。
そんな訳で、僕が利用していた当時の水郡線を走っていた車輌を中心に買い出しました。

でもカタログを見ると、欲しくなる車両が目白押し(カッコイイー)。
しかも、出ている時に買わないと、その次はいつ買えるか判らないと言う恐怖に駆られ、酔った勢いも有り、ついポチッ・・・・。

カッコイイー。だけの理由で買っちゃうと、日本中いたる所の列車が来ます(北は北海道、南は九州)。
此の列車に似合う風景は・・・・・・・。

ハイ、滅茶苦茶に成りました(汗)。
本線を走る筈の列車が、田舎の駅に止まったり・・・・。

最悪なのは、昨年嵌まったアメリカ列車。
どう考えても日本の風景は似合わない。

どうするのよ・・・・・・。

こう成ると、何処何処の路線。と言う前提でのジオラマ(昭和の風景とかも)には有り得ない列車が走る。
模型だから、と言う言い訳も有るんだけど・・・・・。

で、結論。遊んじゃおう。現実には有り得ない風景を作っちゃおう。
有る意味、漫画の世界。

時代考証も特定の場所も決めない(決められないと言うのが本音)。

現実には絶対に有り得ないジオラマに成ると思います。
どんな風にするかは、今一固まっていないんですけど・・。


きっと、北海道の列車と九州の列車がすれ違うと思います(大汗)。

拍手[0回]

PR
CATEGORY[レールレイアウト]
コメント[ 0 ] 2019年09月25日15:23
中々進まないレールレイアウト。
基本構想がフラフラしてるんだから、まとまる筈が無い。
あれもしたい、此れもしたい・・・・・・。

そんな中で、中断はしているけど、計画にはシッカリと入っている路面電車。
高架複線の内側に作ろうとしています。

街中はユニトラムで作り、郊外はフレキシブルレール。

で、ユニトラムの実情(現物)が理解出来なくては、レイアウトの構想はを練るのは無理。
と言う事で、1年以上前にユニトラムの基本セットを買いました。

成る程、この様な構造ね・・。



基本構造が判れば、急がなくても大丈夫。
ユニトラムを巧く組み入れられる、メインのレールを敷ければ良い。
そんな訳で1年以上ほったらかし。

でも、最近KATOからユニトラムに関しての情報が無い。特殊なレールなので、売れているとも思えなくて・・・・・・。

そんな訳で、チョイとネット検索。
ヤバイですよ、2種類のポイントのうち一つは殆ど売り切れでプレミアム価格。もう一つは逆に投売り価格。
その他のレールも殆ど在庫が無く、有る物は在庫処分価格。

売れなかったんだろーなー(しごく当然)。
イヤ、そう成るとノンビリしてはいられないのです。
ユニトラム部分だけは、必要な物を買っておかないとオーマイゴット。

そんな訳で、売れ残りの必要パーツを発注。
なんとかセーフ。

気付くのが遅かったらヤバカッタ。


拍手[0回]

CATEGORY[レールレイアウト]
コメント[ 0 ] 2019年09月18日17:00
玄関の整理が15:30に終わった。
新しいラックも発注した。

今から旋盤に掛かると中途半端・・・・・。

そんな訳で、昨日のレイアウトの微変更です。
昨夜走らせながら、更に良いと思えるレイアウトを思い付いたんですね。



変更前。


カーブの途中に直線を入れました。
でも、フレキシブルレールの自由さを知ったら、高架線にも使いたいですよね。



拍手[0回]

CATEGORY[レールレイアウト]
コメント[ 0 ] 2019年09月17日15:41
今日の暑さは半端ではない。
プレハブの中は地獄(大汗、本当に大汗)。
二日間連続の自治会関係の労働の疲れもあって、早々に引き上げる。

水分補給と涼んだ後、晩酌には早いし・・・・・・・・。

そうだ、最近飽きて走らせていない高架複線を考えて見よう。
ストックのレールは結構有るので、新しく購入する必要は無いと思うし・・・・・。

そんな訳で、本当に暫くぶりにレールレイアウトをしました。
始めると結構夢中に成り楽しいんですね。

一番の問題は、地上線に干渉しないレイアウト。
正直地上線は気に入っているので変更をしたくない。
結構難しいのです。

高架複線は単なるオーバルコースなので単調。結果飽きちゃった。
と言っても、高架複線のカーブレールは1種類しかないのです。しかもカント付きなので、直線との組み合わせやS字などに凄い制約があって、中々自由なレイアウトって難しいんですね。

踏み台を使って、レイアウト台の上に上ります。僕の体重を支えているから大した物。
台の上にはいろいろな物がごちゃごちゃと乗っていて可也危険(踏ん付けて壊す恐れ大)。
苦節2時間(笑)。フレキシブルレールではないので、わりと簡単に出来上がりました。
案ずるよりも生むが易し。ですね。


左側のアール。単純なカーブです。
従来は右も同じでした。


アールの途中に直線を1本半追加。

此の長さが、地上線と干渉しない丁度良い長さだったので助かりました。


こんな感じで立体交差も出来たので、地上線も違った雰囲気です。

今夜はレコードを聞きながら、Nを楽しもうかな。


拍手[0回]

CATEGORY[レールレイアウト]
コメント[ 0 ] 2019年05月22日12:40
此処の所更新がストップ。
イヤ、予約中の列車は続々と入って来ていますし、一時と比べると凄く少なく成りましたが予約も続けています。

で、停滞してしまった理由・・・・・。

地上線の複雑なレールレイアウトを走らせた後で、高架複線を走らせると・・・・・。

大きいですが単なる楕円コース。
つまらないんですね(要は飽きた)。

でも、KATOの高架複線のRは1種類しか有りません。
高架複線もフレキシブルにしたいな。

そうすると、もっと楽しいレイアウトが出来ると思います。

で、作ると成ると可也の時間が必要ですし、レールレイアウトの設計も必要。
今、そんな時間は無い。

そんな訳で、本職の方が一段落する迄、中断する事にしました。
今の状態で作業に入ると、後々後悔する仕事をしてしまうのがミエミエ。

まあ、Nゲージを始めたのも、何時でも中断出来る(熱帯魚は絶対に無理)と言うのも有りましたので・・・・・。

気持ちが盛り上がったら、レイアウトの再設計です。

拍手[0回]

| HOME |NEXT

忍者ブログ
[PR]