CATEGORY[Nゲージ]
コメント[ 0 ] 2019年01月01日10:05


今年こそはレイアウトの完成を目指して頑張ります。
よろしくお願いしまーーーーース。

拍手[3回]

CATEGORY[Nゲージ]
コメント[ 0 ] 2018年12月30日21:24
年明けかなと思っていた列車が今日入荷。
本職の方が忙し過ぎて、梱包も解けません。

明日、アップ出来るかなー・・・。




拍手[1回]

CATEGORY[Nゲージ]
コメント[ 0 ] 2018年12月29日11:13
アンプの改造中に玄関のチャイム。
車の音からヤマトと判っていた。

アレだな・・・。



箱の中身はこれ。
キハ48、気動車です。

2~3ヶ月前、テレビで五能線を取り上げていました。
なんと僕の持っているHB-E300(ブナ編成)が走っていたんですね(僕が持っているのは本物ではなくNゲージ、笑)。

で、その列車とすれ違っていたのがキハ48だったのです。
ブナだけでの走りに物足りなさを感じていたので、キハ48も欲しく成りました。
KATOからは出ていない。
で、トミックス。予約受付中。

此の車輌には連結する必要が無いので、カプラーの違いは問題ない。

そんな訳でポチッ。

昨日届いたのですが、室内灯の手持ちが無い。調べても型番不明。
そんな訳で、現物が届くまで手配が出来なくなったのです。

パッケージの裏面に書いてあった番号で、直ぐに発注。
明日届きそうなので、それと一緒に付属パーツの取り付け、試走です。


本物の五能線のキハ48、無茶苦茶汚れています。でもそれがかっこよかったんですね。
チョイ頑張ろうかな。

拍手[0回]

CATEGORY[Nゲージ]
コメント[ 0 ] 2018年12月26日22:08
走っている姿に今一ピンと来なかった四季島。
高架複線を降りて地上線を走らせたらカッコイイ。

過去にも何種類もの列車で味わった。下半身も見せないとダメなのね(あ、イヤらしい意味は無いですよ、汗)。

で、昨夜走行の終わったレールレイアウトをシゲシゲと見る。
地上線は散々考えて、更に実走での検討もして今の形になった(走行シーンが美しくないと気付くと、レールを敷きなおした)。
全て満足とは言わないけれど、列車の走行姿はかなり美しくなったと思う。

で、高架複線。単純なオーバルコースで・・・・・。
列車の走行姿は美しい(カッコイイ)とは思えない。

地上線の、直線からカーブに入っていく姿を知っていると地上線は80点。高架複線は50点以下。
どうりで最近高架複線を走らせない訳を理解(美しくない、かっこよくない)。

地上線はフレキシブルレールを使っての配線。つまりカーブアールを自由に設定出来る。
実際にホンのチョイレイアウトを移動させると、列車の姿は全然変わる。
ハッキリ言っちゃうと、単純アールでは出せない美しさ。

高架複線も、フレキシブルレールの導入を考えないといけない状態に成ってしまった様で・・・・・。



直線から単純なアールに入る姿と、微妙にアールが変わる姿は全然別物です。
カーブに入る姿のスムーズさが違うんですね。勿論脱線なんて論外。
何時間でも見とれてしまう列車の走行シーン。大好きなんですよ。
ユニトラックのカーブレールは全てお払い箱かな?

拍手[0回]

CATEGORY[Nゲージ]
コメント[ 0 ] 2018年12月25日21:32
今夜、何故か暫くぶりに四季島を走らせたくなった。
半年以上走らせていないかなー・・。

今迄は高架複線でばかり走らせていた。今夜は地上線で走らせたい。

乗っていた車輌をケースに戻し、四季島をレールに乗せる。

ウン、ヤハリか・・・・。

高架複線。ガードの所為で車輌の下半身が見られない。
地上線では高架複線では見られなかった四季島のかっこよさに・・・・・。

で、問題。暫くぶりに走らせる車輌に共通の問題点(対策をしてある車輌には起きない)。
室内灯のチラつき。

此の時間、外の世界は真っ暗。で、部屋の照明も丁度良い加減に落とす。
夜行列車の雰囲気を楽しみたいのです。特に四季島の様な特徴の有る窓は尚更。

何両かの車輌の室内灯が不機嫌。所々で一瞬消える。何とも興醒め。

まあ、そんな訳で対策です。



ネットでは色々な原因が書かれていますが、急所は此処。
台車の集電板と、車輪のピボット間の接点。
此処にKATOは品質の悪いグリスを塗っています。
此のグリスが電気を絶縁してしまうんですね。

今回は集電板を外してパーツクリーナーでシュー。
車輪のピボットもティッシュでゴシゴシ。
その後、集電板の穴へ接点潤滑剤をほんの少し塗ります。

此の作業で点滅は完全に直りました。
数両実施して全数OK。

で、ここが弱点の証拠。
M車(動力車)は点滅しないでしょう(笑)。
車重が重いのでグリスを押し退けるのと、電流値が大きいので若干の接触不良は電流で押し切ってしまうのです。
まあ、この辺は本職でして、電流値の少ない接点の方が接触不良には敏感です。

此のブログを書いている間も四季島は快調に走っています。
室内灯を綺麗に点灯して・・・。




あ、追記。集電金具と照明本体を半田付けする方がいますが、効果はゼロです。
あそこは構造的に接触不良は有り得ません(組み立て不良は別ですが)。
あそこを半田付けしているお店は、電気に弱いなって思っています。

拍手[0回]

| HOME |NEXT