CATEGORY[Nゲージ]
コメント[ 0 ] 2018年01月16日14:48
頑張りましたよー。4番ポイントを8個バラシ全てのスプリングを交換。
決定的な構造の違いは無いのに6番ポイントの脱線はまず無く、4番では頻繁に・・・。

6番もバラして構造の違いを確認しました。

ヤハリ・・・・・・・・。

6番ポイントのスプリングは太いのです。スプリングポイントとしては使われないので、強めのスプリングを使えるのです。

実際に動作を確認。
電動で動かすと速くて見辛いので手でレバーを操作します。
態と超ユックリと動作。
6番ポイントはレバーが最後まで行かないうちに可動レールは切り替わりますが、4番はレバーを最後まで動かさないとレールが動ききれません。
数回に1回は最後までレールが動かず固定レールとの間に微妙な隙間が出来ます(個体差は有ると思う)。
此処に隙間が出来たら脱線は見え見え。

僕の所での脱線は常に2番目の台車なのです。最初の台車は無事に通過、その後の台車が脱線。
仮説ですけど、スプリングが弱いので可動レールの固定が甘い。
其処を先頭台車が通過。
押さえが効かず可動レールが若干動き隙間が出来る。
其処へ二番台車が進入、で脱線。

そう考えると納得出来るのです。

で、実は片渡りポイント(複線の)でも僅かですが脱線しました。
そんな訳で片渡りポイントも分解。

思った通り4番ポイントと同じ弱めのスプリングです(長さ、形状、全く同じ)。
これも0,4mmのピアノ線へ交換。

早速意地悪テスト。



片渡りをシリーズ接続して、奥の線路から手前の線路へ移動。すぐに奥の線路へ。
此処を脱線の得意な車両が平気に通過出来る様に成りました。

今回は、世の中で言われていますレールの切削は一切していません。
実は一番最初に手を付けた4番ポイント。
レールの角を削ったのですが思った程の効果は無かったのです。

分解ついでに接点のメンテは勿論行いました。




拍手[0回]

CATEGORY[Nゲージ]
コメント[ 0 ] 2018年01月15日18:55
本日は朝一番で本職の納品です。
可也の期間お客様を待たせていましたので両肩にズッシリと・・・・・・。

無事に納品も終わりお客様も満足されましたので、帰宅後は急遽お休みに・・・(笑)。
細々とした雑用をこなし、さて・。

スプリングを交換した4番ポイントのテストをしたいな。
そんな訳で・・・・・・。



食事用のテーブルの上にテストコース(と言っても往復するだけのコースです)。
まず、電気で切り替わるかのテスト(スプリングが強く成った分コイルには厳しい)。

オット、今回使ったピアノ線は0,4mm径です。
差し込む穴はチョイキツメなので、何度か抜き差しをして馴染ませました。
可動パーツのピアノ線を挟む部分もキツメです。
此処には柔らかいグリスをほんの少し塗り、ピアノ線を何度も往復させて馴染ませました。

オリジナルのスプリングは表面加工がして有って、フリクションが少なく成っているのです。
今回手に入れたピアノ線。表面のフリクションは大目。
何度も抜き差しをしてすべりを良くします。

そうして組んだのですが失敗。手ではキッチリ切り替わりますが電気ではスムーズじゃない。
再び分解。
良く見ると、直角に曲げて有る短か目の部分。チョイ長いかな?(長過ぎる分には切れば良いので気持ち長めにしたのです)
この部分をホンのチョイ短か目に切断して再組み立て。

今度はOK。ポイントSWの動きに気持ち良く切り替わります。

テストには、一番脱線の酷かった写真の車両。

今回の改造はスプリングの強化だけです。コレでもダメでしたら、2の手3の手も考えていたのですが・・・・・・。

テーブル上のテストではバッチリです。
可也、何度も往復させたのですが、脱線の気配も有りません。

ヨーシ、残ったポイントも全てスプリング交換して、本線でのテストですね。

拍手[0回]

CATEGORY[Nゲージ]
コメント[ 0 ] 2018年01月13日10:57
今回の地上線。駅の入り口と出口に4番ポイントを多用。
ナンセ単線が5本に分かれるのです。更に一番奥のホームからはヤードへの分岐も・・。
ポイント間隔も短いのでS字カーブのオンパレード。

もうベテランの方なら判りますよね。脱線事故多発・・・・・・・・。

慌ててネット検索をしたら魔の4番ポイントだったんですね。脱線の記事がいっぱい。
と言って6番に変更するとスペース上ホームが短くなる。

しゃーない、4番ポイントの改造(改良に成ると希望を持って)です。

4番ポイントの内の1個。可動レールが最後まで行かない。つまり固定側のレールとの間に隙間が出来るのです。脱線して当たり前。
コイツから治すか・・・・。



可動レールを動かしているのは細い鋼線。コイツをもう少し硬くすれば動きは確実に成る(スプリングポイントとして使うには向かない)。
そんな訳でピアノ線を購入。で、大失敗・・・・・・・。

実はピアノ線の径を実測しないでネットの書き込みを信用して頼んでしまった(なんとなくネットの数値には疑問が有ったんだけど・・・・・)。



手前の細い方が純正品。奥の太いのが今回買った物。
ネットの数値、0,5mmを信用しちゃったのです。
純正品を実測して見たら0,3mm。
入れば使っちゃうんだけど0,5mmは入りません。

泣く泣く0,4mmと0,3mmのピアノ線を再発注。

地上線をまともに走れる様に成るのはかなり先に成りそうです。


拍手[0回]

CATEGORY[Nゲージ]
コメント[ 0 ] 2018年01月12日16:47
買った切り、殆ど走行をしていないグリーンマックスのEL120。

年末に何とか地上線が繋がったので試走です。
ちっちゃくて中々面白い車両です。問題はカプラー。
アーノルドを全面的に止めてしまっているので、繋がる貨車が無い・・・・(涙)。

まあイイヤ。二両の重連で走らせよう。

で、もう一度レール上にセット。
電圧を徐々に上げる。ビーーーンと言うモーターの高速回転音だけで走らない。
へっ・・・・?

仕事も忙しいので今日までその侭に。
今日は頑張り過ぎて(モチ本職)腰が痛くなった。
引き摺るとやばいので早めに終了。

そうだ、EL120の修理をしよう。
で・・・・・・・・。



極普通にボディーを外し、本体だけにします。Nゲージには珍しくビス止めのダイキャストカバー。
フーン、良い仕事をしているじゃない(基本的にパチンと嵌め合わすのは嫌いです)。

で、カバーを取ったら目が点に成った。



こいつを出す時に、新型パワーユニットって言っていたけどこれは凄い。
なんとベルト駆動(凄いと言ったのは皮肉ですからね、笑)。
アノネー・・・・・。
ベルトが滑って走らないのです。まだ走行時間は30分も走らせたかどうか?
普通、この動力配置なら平歯車でしょうが。
いっぺんに直す気力がゼロ。

トミックスのモーターといい、カトーのポイントといい、欠陥品だらけ。
勘弁してよ。






拍手[0回]

CATEGORY[Nゲージ]
コメント[ 0 ] 2017年12月31日20:25
今年も今日でお終いです。
そんな日にもヤマトのお兄ちゃんは届けてくれます。



最近路面電車に嵌まってますので、路面電車と言えるかどうか(一部は路面を走っている)の江ノ電です。
この電車には以前娘と乗りましたし、馴染みの干物屋さんの店の前を走っているので本物は何度も目撃しています。

で、ですねー・・・・・・(笑、汗)。
都電でもお世話に成ったモデモ製です。
あまりにもの不良率の高さに唖然。
最初は弄って此方の所為にされちゃかなわん。と言う事で分解せずに不良交換を頼んでいたのですがこうも続くとメンドイ。

今回は丸ッ切り走りません。ヘッドライトとテールランプは点灯していますので集電は巧く行っている。
あーー、メンドイなー(年賀状を書かないと・・・大汗)。
とりあえず前後の車両のボディーを外します。
なんか変?後の車両にも動力が繋がっているんだけど伝達シャフトの角度が変。
かなりの異常な角度。オイオイモーターも水平じゃないよ。
モーターを水平にすればシャフトの変な角度も普通に成る筈。
と言う事でモーターの角度を調整します(と言っても指でグイッっと押しただけ)。
パキッという音がしてモーターは水平に成りシャフトも正常な角度に。
レールに乗せたら走り出した(大笑)。最初の1~2分はギクシャクしていたけどその後はいたってスムーズ。

ウーーーン、モデモって長谷川だったのですね。
昔プラモで散々苦労させられました。今でも会社の体質は変わっていないみたい(笑)。
まあ、治せたので良かった良かった。

来年は不良に悩まされるのはイヤダナー・・(Nゲージを止めるのが一番なんだけどね、笑)。



エーーーーー(大汗)。
今月中に入線した車両の数を数えて見ました。
セット物が有ったので、ナント35両。
お金、無い筈だよねー・・・・・・・。

更に・・・・。
11月も数えたら25両有った・・・・・・・・・・・。
この世界に入って10ヶ月。今何両持っているんだろう?数えるのもメンドイ。

拍手[1回]

| HOME |NEXT