CATEGORY[水槽コントロール]
コメント[ 0 ] 2016年12月08日21:27
ついに始まりました、夜間エアレーション。
とりあえず、現状のセッティングをお知らせします(これを知らせなくちゃ全然役に立たない情報ですもんね)。

現状、KHは2,5~3,0の間(試薬なので正確には判らない、感じとして2,7で落ち着いているかな)。
pHは6,8強で落ち着いています。昼間のCO2添加はこの値に成る様に調整(吐出量だけでなくタイマーでも制御)。

その様な落ち着いた状況を此処1週間以上維持しています(以前は疑似流木の所為でKHが上がり苦労しました)。

pH、KHが落ち着くとコケの発生も少なくなった様に感じるんですけど・・・。

今の照明時間。9:00~16:00。
CO2の添加時間は9:30~15:15。この間pHが下がり過ぎない(CO2濃度が上がり過ぎない)様にタイマーで間引き添加にセットして有ります。

この状態で、上記の安定した水に成っています。

で、今回夜間のエアレーションを始めました。理由は夜間の酸欠を防ぐ為。色々と思い当たる状況に成っていたのです。
例えば、油膜取りのパイプ内。朝方に泡の発生が見られるんですね。これは水の粘度が上がった証拠。正午前には消滅。
夜間にフィルターが酸欠に成り・・。って考えると理解出来ます。

今回の夜間エアレーションのタイマーセット。
18:00~9:00。
つまり消灯2時間後から始めて照明点灯時までエアレーション。

で、興味有りますよね。エアレーションを開始して3時間経ちました。pHは・・・・・。
此れを書いている途中でpHチェック。
エーーーー、予定通り。pH計は6,7と6,8を行ったり来たり。
つまり昼間よりも0,1近く下がっている。
エッ、CO2濃度が上がったの?って思っちゃいけません。
僕はKHが下がっていると思います。測って見ましょう。

で、測定結果(大汗)。若干ですが上がっています。つまり水槽内のCO2濃度は上がっているんですね。
水槽内にKHに関係する物質があるとCO2濃度が上がるとKHも上がります(今回の場合KHを上げた犯人の疑似流木の残骸が底床に残っているかと)。

エアレーションをしているのにCO2濃度が上がる。

僕の個人的な考えです。
エアレーションの為に水の中の酸素濃度が上がった。
結果フィルター内のバクテリアの活動が盛んに成った(消灯後の生物の活動は穏やか)。
バクテリアは酸素を使ってCO2を吐き出す。

明朝の水質検査が楽しみです。





あ、念の為に書きますがpH計は週に一度校正しています。経験から週に一度は多過ぎると思っていますけど仕事柄計測器を信用していませんので(笑)。

更に追記。KH測定の時、少しでも正確にと10ccの水で測っています。試薬は倍必要ですけど正確さを狙っています。

拍手[0回]

CATEGORY[水槽コントロール]
コメント[ 0 ] 2016年12月08日16:21
一昨日頼んだエアレーション設備一式。
要はエアストーン、エアポンプ、タイマーの3点セット。
エアホースは手持ちが有るので、今回は頼まなかったんです。

僕の場合、大きな気泡をガバガバとと言うのはダメなんです。

と言うのはガラス蓋をしていませんし、照明器具の透明アクリルカバーも取り払っています。
気泡が水面に達して破裂する時の水の飛沫がが拙いんです。
蛍光灯管を直撃。

それを避ける為に気泡の小さなエアーストーンを選びました。

今夜から稼動させます。結果は明日報告しますね。



で、導入後16日経ったパンダ君。





12匹、全員元気です。
底床の上にうっすらと積もっていた汚泥が綺麗に無くなりました。
パンダを入れてすぐは、兎に角汚泥を舞い上がらせて水が汚れて汚れて・・・・・。
水交換とフィルターの掃除をして対処。
最近油膜も全然見られないんです(油膜取りを止めても)。
エーハイムの油膜取り、効果はバッチリなんですけど生体も油膜と一緒に・・・・(汗)。

油膜の発生が無い様でしたら、油膜取りは取り外そうと考えています。

拍手[0回]

CATEGORY[CO2]
コメント[ 0 ] 2016年12月07日09:44
朝、照明が点灯するとポツポツと見られるエビの・・・・。
昼間には無いのです。夜中だけ。

魚と比べるとエビの方が酸欠には弱い筈。
其れの対策方法として夜間のO2強制添加。

これは設備に結構掛かる(CO2と同じですけどね)。万が一漏れて近くに火の気が有ったら・・・・・・。

そんな訳で一番簡単なのはエアレーション。夜間だけエアーポンプで水槽に空気を送り込む。
こんな事に気付いてネットで検索をして見たら賛否両論。

あ、もう先人の方達は気付いていたのね(大汗)。

反対の方の理由は、『夜間エアレーションをしたら爆気でCO2が抜けてしまう。結果pHが上がりpHの変動で生物に悪影響が出る。』
またある人は『溶存酸素量が増えるとコケの発生に繋がる。』

自分で試さないと気が済まないピンキー君。
とりあえずエアレーションに必要な機材を発注。

で、エアレーションをする前のわが水槽のKHとpH値。
消灯直後と点灯直前、略変わりなし。

消灯直後  KH 2,5~3,0  pH 6,8
点灯直前  KH 2,5~3,0  pH 6,8

しいて言うと点灯直前の方が若干KHが高いかなー?

ちなみに照明点灯時間は 9:00~16:00の7時間。
水槽は居間に置いて有るので僕の生活照明が入らない様に・・・・。



こんな感じで遮光と保温を図っています。


拍手[0回]

CATEGORY[水質]
コメント[ 0 ] 2016年12月06日13:07
ヤット真面目に水槽の面倒を見始めました。今迄はその心の余裕も無くて・・・。
此処の所、毎日数回水質のチェック。

疑似流木がKHを上げていた事や、夜間にもCO2濃度が下がらない事など発見・・・・・。

疑似流木を入れた当時はKHを上げないので安心していたのですが、段々と溶け出したみたいでKHが5迄上がっていたのです。
上げる原因に思い当たるのは疑似流木のみ。取り出しましたよ全て。
活着していたナナとミクロソリウムは、剥がして本物の流木に輪ゴムで止めて再セット。

更に、照明点灯前の水質検査で夜間のCO2濃度が高いのに気付き、夜間にだけエビが落ちるのは此れが原因かと・・・・・。

CO2の添加を照明ダウン45分前にストップしてもダメなんです。
夜間にCO2濃度がじわじわと上がるんですね。

いっその事、夜間はO2を添加しようとも思ったんですけど、設備が大掛かり。

とりあえず、夜間はエアレーションをして見ます。

そう言う訳で、微細な泡を出すエアストーンとエアーポンプ、更にタイマーを発注しました。
此れで朝方のCO2濃度が下がってくれると嬉しいのですが・・。



正しく書きますとCO2濃度を維持した侭(pHが上がらない)O2濃度を上げたいのです(勿論夜間です)。
現状の水質検査で夜間のCO2濃度は許容範囲内。問題は酸素濃度。
昼間は植物の光合成で酸素(O2)が供給されますが、夜間はO2を使ってCO2を出すものばかりです。
酸素濃度を上げると(夜間です)、酸素を必要とする色々な物(生物、植物、バクテリア等)は更に頑張ってCO2を排出します(特に昼夜関係の無い濾過槽のバクテリア)。自然界と比べると水の量に対してO2を使うものが多過ぎるのが水槽ですから人間のコントロールが必要かなと・・・・。

とりあえず夜間エアレーションを実施。時間ごとのpHの変化をアップしますので乞うご期待。

あ、序に・・・。
夜間エアレーションで検索したら色々な意見が。
で、エアレーションすると夜間にpHが上がる筈。ね筈って言い方です(笑)。
書くんなら実証しましょうよ。貴方の水槽の場合で良いですよ。
照明の点灯直前のpHだけでもアップしましょう。
僕は頭の中だけの理論(机上の理論とも言う)が大っ嫌いなんです。
実証しましょう。それが正しい答の一番の近道なんですから。

拍手[0回]

CATEGORY[魚]
コメント[ 0 ] 2016年11月28日19:32
イヤーー。今年の忙しさは半端ではなく水槽のメンテなんて・・・。
フィルターのオーバースペックにおぶさって水換えもしなくて、蒸発で減った水の補給が精一杯(一ヶ月以上水換えなし、フィルターは丸ッ切り見ない)。
そんな状態でも何とか水槽は保っていたんですがそんな状態に嫌気をさしたお魚さんは脱走を謀り・・・・。

飛び出しでの死亡が続発。最終的に残ったのはオトシンとエビだけ(涙。水槽内での死体は見ていません)。

其の状態が4~5ヶ月続いたんですね。

此処1週間前からヤット水槽に向かえました。
拙いよねー。ガラスはコケだらけ(上から見ると水は透明)。

とりあえずガラスを掃除。水換えとフィルター掃除。意外な程にフィルターの汚れが少なかったのが幸い。

綺麗に成った水槽。泳ぐ魚がいないよ・・・・・・。

飛び出さない魚がイイナー。要は底砂近くが行動範囲のお魚さん。

ピコン、コリドラス。昔コリドラスパンダを水槽内での自然繁殖に成功した。
あいつの泳ぎ方は凄く癒される(チョコグラは色々と気を使って疲れます)。

そんな訳でコリドラスパンダを12匹導入。

通販なのでサイズは判らない。

来たパンダ君、小さな固体が12匹。でも元気元気。

さて、昔と同じに自然繁殖に行けるのか・・?


体長が数mmのパンダ(孵化して数週間)。無茶可愛いですよー。

11月29日。
今朝パンダ君を12匹確認。導入後丁度1週間、早く大きくなーーれ。

拍手[0回]

| HOME |NEXT