CATEGORY[水温]
コメント[ 0 ] 2016年07月23日21:43
暫くぶりのアップです。
要はアップするネタが無い(汗)。年が明けた辺りから本職の忙しさが半端ではなくなって此方への手を掛ける時間が無い。
水換えとフィルターの掃除、伸び過ぎた水草のトリミング、魚への餌やり。此れだけを続けています。
これ以外は何もしないでいたら・・・・・・。

此処数週間前の高温の毎日。水槽の水温もグングン上がって・・・・・・。
外していたクーラーを設置しました。



外していた理由は内部のごみをからからに乾燥させてしまう事。
そうすれば、水を流した瞬間に剥がれ落ち内部の掃除が出来るだろう。

思った通り、水を流した瞬間にシャワーパイプからごみが噴出。

此れで安心と思ったら、取り付けた数日後から低温の日々。終日休眠をしているクーラー君です。

拍手[0回]

CATEGORY[エビ]
コメント[ 0 ] 2016年03月27日12:31
2週間程度前からエビ繁殖水槽に成ってしまった汲み置き水槽。
今朝、なんとなく水槽の中を覗いたら・・・・・・。

全長1mm程度かなー。小さな動き回る物体が沢山いる(ブラインシュリンプ程度の大きさ)。
ひょっとしてエビの幼生?

確かにこの大きさでは魚の餌に最適。
汲み置き水槽には魚がいないし強力なフィルターも入っていない。

狙いとしてはこの水槽でミナミヌマエビを繁殖させて2本の水槽へ移動。
エビを買わないで済む様にしたい。

計画通り行くかは明日の心だー。


拍手[0回]

CATEGORY[独り言]
コメント[ 0 ] 2016年03月25日13:58
現在維持している水槽は90cmが2本。
その他に水換え用の水を作る汲み置き水槽が1本。

その汲み置き水槽が・・・・・・・。



こんな状態に成ってます。セットしたては水作が一つ入っていただけなんですが、古く汚れた濾材の再生水槽に成りました(汚れた濾材を此処に入れておくと綺麗に成るんです)。

更に不要に成ったナナの活着した人口流木が入り(コケの掃除を兼ねて)写真の状態。

実は写真では判らないでしょうが今はミナミヌマエビの繁殖水槽に成ったしまって・・。

水槽のフィルターを掃除すると吸い込まれたエビ君が沢山。
2本の水槽は魚がいるので稚海老は最高の餌に成っています。つまり繁殖は難しいんですね。
と言って常にミナミヌマエビを購入するのも癪だし。
そんな訳でフィルターから救助したエビを汲み置き水槽へ放したんです。

今、稚海老がいっぱい。えさは一切やっていませんし照明もLEDを一基。勿論CO2なんて入れていませんけどナナの調子は段々と良く成っているしエビも増えている。

でもこの水槽の水を水換え用に使っても良いのかなー?




現実的には水換え用に使っています。何とか平気なのですもので・・。

拍手[0回]

CATEGORY[水槽コントロール]
コメント[ 0 ] 2016年03月17日23:21
水草のトリミングが面倒くさい。
それだけの理由で有茎草を殆ど撤去した2本の水槽。

其れなのに光量とCO2の調整をしなかった。

結果はガラスに大量の緑苔発生。
勿論それだけでなく給排水のパイプや水草の古く成った葉にも・・・・・。

殆どの水草がクリプトコリネ。光量が必要と言われている種類も有るのだけれどチョイ様子が違う。
そんな訳で光量をダウン(略半分)。更にCO2も絞った。

フィルター内のバクテリアは酸性が苦手です。水草の光合成よりもバクテリアを優先した状態に再セッティング。

具体的な数値はpH6,8を維持(以前は6,5まで下がるCO2供給量)。
急にコケの勢いが弱くなり水草の状態は維持。

此処数ヶ月、有茎とクリプトの共生は難しいと感じていた。条件が違い過ぎる。
で、クリプトに合わせた条件でも残った僅かの有茎は育っているので・・・・・・。



高光量と沢山のCO2が有茎には必要って思っていたけど・・・・。
実は一切照明の点いていない(室内照明のみ)CO2添加も無し。エアレーションをしている汲み置き水槽内でグロッソステグマがじわじわと育っています。
ナナは元気元気。
ウーーーーン、水草は謎だらけ。

拍手[0回]

CATEGORY[CO2]
コメント[ 0 ] 2016年03月15日12:16
小型ボンベ(74g)が空に成ったばかりなのに高圧ボンベ(7kg)も遂に空に成りました。
1kgをキープしていた二次圧力が下がりだしたんですね。レギュレーターを廻しても変化なし。
ボンベ内の圧力が1kgを割ったのです。

スピコンを調整しても供給量が増えない。

交換ですね。

先月スペアのボンベを満タンにして有ったので、単に交換で終わりです。

で、先日のチャージ価格(期限切れでのチェック代金も含んで)が予想よりもチョイ高かった。
チャージだけなら¥5000しませんし、テスト込みでも¥10000はしない筈。
ところが¥14000強。
おかしいなーって思っていたんですけどボンベを交換して判明。
ボンベ上部のバルブが新品に換えられていました。
要はテストでNGだったのですね。



ピカピカのバルブは見ていても気持ちが良いです。

1次圧力も規定の50kgを指しています。
さて何年持ちますかね?


拍手[0回]

| HOME |NEXT