CATEGORY[Nゲージ]
コメント[ 0 ] 2017年08月12日20:24
この世界での集電不良の悩みって多いですよね。
僕も散々悩みました。少しでも集電効率を上げる為に、車輪に付いているゴムタイヤを引き千切ったり・・・・。
若干は良く成ったのですが今一。

最近車体の分解に慣れて来ました。台車も分解しています。
其処で台車の集電板の汚れに行き着いたのですね。

ホント汚い。この状態で電流を流すのは無理。
集電板(車輪シャフトの嵌まる穴)の掃除を徹底的にしました。

結果は集電不良と思われる症状がゼロ。

考えて見ましょう。レールの上に汚れが付き電気を流せない(精々1cm程度)。僕も目撃しています。
でも車体の集電は一箇所ではなく少なくとも3箇所以上。
その部分を踏んでも他の箇所から集電出来るのが普通。
その場所で異常動作をしたなら、一箇所の部分だけで集電していたって証拠ですよね。
普通の車体、台車に2軸の車輪。この何処からもきちんと集電していたなら1cm位の汚れ、平気で通過します。
証拠に交差線路(KATOの場合)。絶縁部分の長さは1cm以上有りますが、整備した車両は何事も無かったの様に平然と通過します(超スローでも平気)。

レールの汚れや車輪の汚れだけに目が行っていては、正常な運転は難しいかと・・・
(ごめんなさい、超初心者が酔った勢いでの戯言です)


ある特定の車両だけ不調に成るレール区間。勿論レールにも問題は有りますが、他の車両は平気で通過するのでしたら、問題を起こす車両の整備が先です。レールを掃除するととりあえず走ると思いますが・・・・。
レールの掃除は、全車両が同じ区間で不調を訴えてからでも遅くないと思っています。
ちなみに2ヶ月以上(ひょっとすると3ヶ月以上)レールの掃除はしていません。
全車両、好調です。
正直、チョイ前まではTOMIXのレールクリーニングカーの購入を考えていました。
今は・・・・・・。

拍手[0回]

<< 台車の動きが悪い。 お約束のカプラー(KATOカプラーN)交換。>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT