CATEGORY[照明]
コメント[ 0 ] 2016年12月12日16:06
再スタートしたアクアリウム。
其れ成りに維持はしていましたが完全にノーメンテ。
此の侭だと崩壊する・・・。

そんな訳で一ヶ月前辺りからポチポチとメンテを始めたのです。

水換えにガラスの掃除、更にフィルターの掃除。

そんな中気が付いたのが・・・・・・。

水槽内、黒髭苔の酷い所と丸ッ切り生えていない所。
同一の水槽内ですから水質は完全に同じ。水流も其れ成りに考えて廻しているので止水域は無い筈。

其処でピコン。照明・・・・・・・。
僕の照明は蛍光灯。どちらの水槽も4本の蛍光管で照らしています。
僕の場合、単一の蛍光管は使いません。何種類かを混ぜて使うんですね。

黒髭苔の酷い所の上には決まって同じ蛍光管が・・・・。

犯人はこいつか。

悔しいのが、どちらも照明器具に付いて来た標準管なんですね。

写真をアップ。





特にテクニカの下は酷いです。20W直管なのでまあ家の中でも使えるし。

問題は下のクールホワイト。T-5管ですので僕の家の中では使えない。
どうしよう・・・・・・?





あ、これはあくまでも僕の水槽の場合です。上記の蛍光管で巧く育てている方もいらっしゃると思います。
タダ、経験から明るさだけで選ぶと失敗します。
人間の眼で明るく感じても植物が喜ぶかは別ですし、苔が欲しがる光もあると思いますので・・。

つまらない思い出。
昔は今の様に沢山の蛍光管は無かったんです。少しでも高光量をって考えて当時の三波長高輝度管を使ったんですね。
パルックを使うと緑の苔が(芝状の)大発生。メロールックだと全然発生しませんでした。
まあメーカーは其処まで考えて作っちゃいないと思うので仕方が無いですよね。
その時の経験則。蛍光管の種類でコケの発生は全然変わる。
色々と買って試すしか方法は無い。
こんな実験も蛍光管ならでは。LEDでは機器の買い直ししかない(何台買えば良いのかなー・・笑)。
そんな訳で一度LEDも試しましたが、まだまだ蛍光管には敵わないかなと・・・。

まあ、今日も気に成ってしまった蛍光管を発注してしまいました(笑)。

で、こんな経験していませんか?
人間の眼では暗く感じる蛍光管の方が水草は気泡を沢山上げるって。

実は20W直管で良いって思った蛍光管が有るんですね(パルバが苔に一切犯されないで濃い緑色で生長しています。勿論草体も美しく)。でもそのT-5管は無い。それに近いと感じたT-5管を発注しました。

拍手[0回]

<< 夜間エアレーション そのⅦ。 夜間エアレーション そのⅥ。>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT