CATEGORY[水槽コントロール]
コメント[ 0 ] 2016年12月09日08:50
昨夜から始めました夜間エアレーション。
エアレーションで爆気をするとCO2が抜けてpHが上がる。

と言うのがネットでの検索結果。
この意見に関する僕の直感。
大粒の気泡でボコボコとエアレーションしているのかな?

今回のエアレーションは小さな気泡で静かに行っています。

今朝この時間(8:40)、照明点灯の20分前。
KHとpHの測定(ワクワク)。

結論、昨日の朝と全く変わりません。
KH 2,7近辺。pH 6,8

僕の水槽の場合ですので他の方の場合は判りませんが、細かな気泡でのエアレーションならばCO2を逃がさない。と言う結論のようです。



昔話。120×60×60の水槽をオーバーフローで使っていました(爆気は半端ではない)。
でもCO2の強制添加でCO2濃度を保っていました。

エーーー。30分後の追記です。照明が点灯しました。
ウッソーと言う位、エビが泳いでいます。
パンダも活発に動いているし・・・・。
勿論エビの落ちはゼロ。
もう1本の水槽にも設置しなければ・・・・。

拍手[0回]

<< 夜間エアレーション そのⅣ。 夜間エアレーション、そのⅡ。>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT