CATEGORY[独り言]
コメント[ 4 ] 2012年06月28日17:58
僕のこのBLOG。今迄にエアーガンを十分楽しんでいる方にはつまらない(基本過ぎる)と思います。
僕のスタンスは『単車日々徒然』の愛読者をこの世界に引きずり込んじゃおう。ナンテ・・・・・(汗)。

イヤ、面白いんですよ。バイクが好きな方なら、この世界にも嵌まるって・・・・・。

バイクと同じで、マシンのチューンと自分のチューン。このバランスが大事。其れと目的意識。
バイクならツーリングを楽しみたいのか、サーキットで楽しみたいのか・・。
峠小僧(オジサン)は勘弁して欲しい。

エアーガンの世界でドンドン威力を増すチューン。ハッキリ言って子供ですよ(笑)。

と言う事で、山ちゃんから提案されたライフル溝は彫りません(大笑)。
まあ、山ちゃんと僕との間でのジョークです。

で、今日のタイトル。集弾性。
銃って、銃本体を万力なんかでがっちりと固定して発射しても、同じ位置に着弾はしないんですね。
ある範囲でばらつきます。このばらつく範囲が集弾率。

つまり、スコープで最高に狙い、最高のトリガーを引いた。でも命中するとは限らないんですね(ゴルゴは夢の世界です、笑)。
発射する度に他の条件(風等)が同じでも着弾点は違う。

弓道も同じです。完全に同じ構えから射っても同じところに矢は刺さりません。

で、エアーガンの場合(本物でも)、この着弾点のばらつきを出来るだけ狭い範囲にするのが銃のチューンでは大事です。

ばらつきの原因の一つに初速の違い。
引力は同じに働きますので、初速が遅いと、着弾地点までの時間が長い。時間が掛かった分、弾は引力で下に引かれる。
つまり初速が同じなら、着弾地点までの落下量も同じなんですね。

此処で、初速を上げるのではなく、初速のばらつきをなくしたいと言う僕の考えが判って貰えたかと・・・。

あ、ついでにですね。初速を上げれば引力で落ちる距離は少なくなります。つまり初速を思いっ切り上げればばらつきは問題に成りません。

でもね。この考え、バイクの世界ならパワーを上げるには排気量を・・・。
こんな考え、猿でも判る。余りにも短絡的な知的とは言えない発想。
僕にとってはツマンナイ。

初速は上げない(危険)。でも命中率は上げたい。

こんな方向へ進めたいBLOGです。


拍手[1回]

<< 決まってきたのかな? シリンダーの材質は・・?>> [ HOME ]
Rg
ライフル溝が彫ってあるバレルもありますよ。
タニオコバのツイストバレル
http://www.taniokoba.co.jp/twist_barrel.html

使ったことがないので何とも言えませんが、やはり賛否両論あるようです。
【2012/06/28 21:59】| | yam [ 編集する? ]

yamさん。情報有難う御座います。
見てみましたら、ホップ回転が条件のようです。
僕のORはノンホップですので対応外ですね。
と言うか僕の考えで、ホップは使いたくないんです。
出来るだけ不確定要素を減らした方向へのチューンを考えています。
まあ、考えているだけで、今後の展開は自分でも判らないんですが(笑)。
【2012/06/29 05:56】| | ピンキー [ 編集する? ]

う~ん、コメはむずかしい・・・・笑
ま、ちゃんとしたライフル溝なんかにしたら空気圧くらいじゃ弾は出ないだろうしBB弾が粉々になりますわな・・・(-_-;)
【2012/07/02 18:45】| | 山ちゃん [ 編集する? ]

エアーガンで本物のライフル溝は・・・・・。
銃身の途中で弾は止まると思う・・・。
狩猟用の空気銃でもライフル溝は無いもんね。

世の中、ホップ回転が常識に成っている。で、非常識を常としているピンキー君は・・・・・(笑)。

早く引っ越して射撃練習をしたい(汗)。
【2012/07/02 18:57】| | ピンキー [ 編集する? ]

コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT