CATEGORY[水槽コントロール]
コメント[ 0 ] 2014年02月26日19:37
CO2を添加しだしてから3週間弱。
本心としては入れたくなかったんだけど、水槽の状態をチェックしていると入れないでは無理だな・・・。

で、もう常識ですよね。水草の光合成をする時間帯。光が十分に当たっている時間。
それ以外は光合成をしないんですからCO2の添加はご法度。

で、一々バルブの開け閉めなんてやってられない。そんな時に役立つのが電磁弁。
僕の代わりにバルブの開け閉めをしてくれます。

電磁弁の動作は電気を加えるかどうか。

つまり電気を流すとバルブが開きCO2を添加。
電気が止まるとCO2はストップ(詳しく言うとこれ以外の動作も出来るんですけど今回は割愛)。

照明のON,OFFもタイマーでやってます。勿論CO2の添加も・・・。

CO2セットを買った時に、多機能デジタルタイマーも付いて来ました。
確かに機能的には十分以上。
でもね・・・・・・。

水のチェックをしていると、CO2の添加に小細工をしたくなるんですね。
要は照明の点灯している間出しっぱなしでは無く、細かなON,OFFを・・・。

で、デジタルタイマー、出来るんですよ。でもセッティングが凄く面倒。
棚を見たら・・・・・。



もう一個照明に使っているのと同じタイマーを発見。
もう40年近く前の製品です。
でもこいつのセッティング。ピンを挿し直すだけでOK。
チョイ気分で長く動作(照明、CO2共に)させたい時も、レバーを弄るだけでOK。

兎に角使い易いんですね。

と言う事で最新のデジタルタイマーはお役御免。
旧式のタイマーが頑張る事に成りました。




拍手[0回]

<< 油膜が消えない。 やっぱり汚れていた。>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT