CATEGORY[水槽コントロール]
コメント[ 0 ] 2014年02月09日21:18
二日前、CO2の添加を始めました。
予想以上の好結果。

ところが翌日は思うようではないのです。油膜は出ましたし水草からの気泡も今一。
第一同じCO2添加量なのにpHが下がってCO2濃度が上がっている。
ナンデ・・・?

ところが今日は、油膜は消えてpHも下がらない。
色々と考えた。

昨日だけ違う。水草がCO2を食べていない。結果O2の発生が少ない。CO2を食べないからpHが下がる。
O2の発生が少ないのでバクテリアも頑張れなくて油膜が出来た。

一昨日(CO2設置日)と今日は同じで、昨日だけ違う事・・・・。

ガラス蓋。

一昨日はCO2設置で蓋をしなかった。
今日は色々と弄りたくて(実際には殆どしていない)蓋をしなかった。

ガラス蓋。予想以上に光量を下げます。

ガラス蓋の所為で光量が下がり水草の光合成が出来なくなった。
って考えると辻褄が合うんですね。

明日、ガラス蓋をして実験です。



もう知っていると思いますが、水草(植物)の主食は二酸化炭素、肥料は副食です。

拍手[0回]

<< 油膜の原因は・・・。 ハハ、買っちゃった。>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT