CATEGORY[独り言]
コメント[ 0 ] 2014年02月05日00:53
今回イオン交換樹脂で失敗しました。非常に勉強には成ったと思っています。
失敗は最高の教科書。

本職の世界でもこの考えで進んで来ましたので・・・。

で、水槽の水を酸性に移動する。正しく言うと弱酸性で安定させる。

ネットで検索して見ました。

僕の見る限り、GHとKHを取り違えている人ばかり。
酷い人になると、取り違えている間違いに気付かずに他人に教えている。

僕の本職の世界でも自身の間違いに気付かず、人へ教えて平気でいる人多いんですけどね(笑)。

でも、イオン交換樹脂の性能は凄いです。あっという間にGHをゼロ近くまで下げてしまいます。
しかしKHは下がらない。
結果pHも下がらない。

只、熱帯魚の育成地。KH、GHとも低いと聞いています。
今回、KHは硝酸で下げて、GHはイオン交換樹脂で下げられる状態に成りました。

こんな夜中、硝酸を滴下して水の変化を測定しています。
病気ですね(笑)。

でもこんな基礎実験が今後の方向を決めると思っています。
ネットの記載なんて信用しないで(勿論僕の記載もですよ)自分の実験結果だけを信用するのが一番の近道かと・・。


拍手[2回]

<< CO2の量が増えて来た。 疑われなかった(笑)。>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT