CATEGORY[Nゲージ]
コメント[ 0 ] 2017年12月18日16:52
エーーー、暫くぶりのアップです。本職が忙し過ぎてNゲージは・・・・・。
今日、暫くぶりに一段落(本職の樹脂硬化待ち)。

その時間を使ってNゲージの実験続きです。
先日スタイロフォームに釘で留めたコルク道床。
スタイロフォームから外しても曲線を維持しているかの確認。

ムフフ、シッカリとカーブ状態を維持。コルクですので若干の柔軟性が有りますから、微調整も可能。

ホンジャと道床にフレキシブルレールを這わせます。
KATO純正の釘で固定。
釘はコルク中心の接着部分へ差し込みます。コルクとスタイロフォームですから金槌なんて要りません。指で簡単に刺さります。

で・・・・・・・・。



道床と同じカーブに成ったフレキシブルレール、写真の様にS字でも平気ですしボンドで固まった道床はレールの反発力にも負けません。

この方法でこれからは行きますよー。



拍手[1回]

<< 今年最後の入線。 KATOのコルク道床を曲げる、そのⅣ。>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT