CATEGORY[水槽コントロール]
コメント[ 0 ] 2013年11月24日10:25
只今の水槽の状態。



経験者ならこの写真を見てハハ~~ン。

ガラスに気泡がいっぱいついていますよね。此れは水換え直後の証拠です。水道水に含まれている空気の所為と思うんですが・・・。

この世界、何々の所為って言われている事。本当に計測したんではなく山勘で言い、その方がベテランだったりすると正しい事って思われているふしが多々。

底床が落ち着いて来て、そろそろかなの水換えです。
正しく言うとフィルターを掃除する水が欲しかった(笑)。

あんな底床を使いましたから、スタート直後の水の汚れは半端では有りません。
こんな時のフィルターは物理濾過を懸命にしています。
結果フィルターの中は汚れている筈。

で、フィルターを洗う。この時大事なのは発生し始めているバクテリアにダメージを与えない事。
つまり水道水で洗っては駄目なんですね。

水槽の水で洗わないと。

大きな容器に水槽の水をバケツに二杯入れ、その中でフィルターの中の濾材をジャブジャブ。
ヤハリ汚れていましたが、例の匂い(どぶくさい)は有りません。

濾過器をセットして、残っている水槽の水で満たします(この時も水道水は使わない)。

減った分だけ水道水(勿論温度を合わせたもの、今は生き物が入っていないので高めの水温)を補給。

濾過器を動かして完了。




あ、追記。
未だ一度もカルキの中和剤は使っていません。
この辺の水道、カルキが殆ど入っていないのです。
丹沢山系の水をひいた簡易水道なんですね。
で、丹沢山系には造り酒屋が何件も・・・。
意味、判りますよね。
日本酒を造るのに向いているのは硬水なんです。
つまりこの辺の水道は硬水。

鹿沼土が巧い具合にコントロールしてくれているみたいです。

拍手[0回]

<< 水草に必要なのは・・・・。 水が出来て来た(?)。>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT