CATEGORY[水槽設置]
コメント[ 0 ] 2013年11月18日19:38
先のアップで水を少量入れ・・・・・。

この場合怖いのは水が全然流れていない。
つまり嫌気性のバクテリアが繁殖してしまうんですね。
植物や動物を育てるには好気性のバクテリアにとって好条件の環境にしたい。

フィルターを回さないと拙いよね。

と言う事で水量を標準値までアップ。

直ぐにフィルターを運転。
濾材は付属の標準品。
今回付いて来た濾材は、ウンこれで行けるんじゃない、という物。
濾材に何を選ぶかと言うよりも、如何に濾過バクテリアを繁殖させるか。

バクテリアが繁殖しないうちに(水槽設置時に)水草を植えるなんて・・・・・・・。

地球の歴史でバクテリアの方が植物よりも先輩なのを忘れてはいけません。

10数年前の僕もそうでしたが、水槽設置直ぐに綺麗な水を求め過ぎた。
汚れてても良いじゃない。ジックリ付き合おうよ。

で、今の状態。



フィルターを動かし始めてから約5時間。
最初から比べたら、澄んで来ましたよ。最初は中が全然見えなかった。

間違い易い状況。
透明度抜群でも、良い水とは言えない。
濁っているからって拙い状態とは言えない。

気合が入って来たピンキー君です(笑)。



10数年ぶりなので僕はとんでもなく遅れてしまったのでは・・・・・・・・。
有名ショップのHPを覗き廻りました。

で、結論。
当時と何も変わっていない。
頑張ろう(笑)。

あ、凄く役に立った情報。
新しい水草は農薬で汚染されている恐れが有ります。
昔は無かった情報なのでナルホド。

さあ、何を植えるか考えなくちゃ。

拍手[1回]

<< 24時間制御。 底床>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT