CATEGORY[水槽設置]
コメント[ 3 ] 2013年11月18日13:42
遂に底床を入れます。
もうBLOGのタイトルの意味が判ったでしょう。
つまり庭弄りの感覚を水槽に導入できないか?

これから段々と書きますが、10数年前の水質検査で肥料の問題も常識とはかなり違った結果が出たんですね。

その時の考えを実践してみたいんです。





こんな感じです。

腐葉土に若干の鹿沼土を混ぜて底に敷く。
その上を鹿沼土で覆う。

鹿沼土と赤玉のどちらを使うか迷ったのですが、鹿沼土は弱酸性と言う事で選びました。

で、水を入れて1時間後・・・・・。



鹿沼土の1/3位が浮いています。
入れて直ぐは腐葉土も浮いていましたし、鹿沼土の浮いている量はもっと多かったのです。
つまり、内部に空気を含んでいて、そいつが出切らないと浮いてしまうんですね。

この状態で1日以上置き、エアー抜きです。



拍手[0回]

<< 少しずつ澄んで来ています。 配置が決まって・・。>> [ HOME ]
Rg
およよ~^^
私の知っているアクアリウムと全然違うです~^^
泥をつくるのですか~??
ワクワク度、120%です~^^
【2013/11/18 19:16】| | 暇 [ 編集する? ]

底面吹き出しで、土が細かいと舞い上がり、ずっと濁っていて、水が透き通らないという可能性は無いんでしょうか?
【2013/11/18 19:30】| | Coaxial大好き [ 編集する? ]

暇ちゃん。
農作物を作るには土作りが・・。
って考えです。
今迄のアクアリウム、其処を忘れているんでは・・・って。
昔の僕もそうだったんですね。
で、底床(土)作りです。

Coaxial大好きさん。
細かい事は気にしない(笑)。
要は水草が元気で魚が元気な環境を作りたいんです。
水草も魚も人間の奴隷じゃないんですから。
要は彼らの友達に成りたいんですね。
その友人の泳いでいる水槽を前にお酒を・・・・・(笑)。
【2013/11/18 19:48】| | ピンキー [ 編集する? ]

コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT