CATEGORY[水槽コントロール]
コメント[ 0 ] 2015年09月07日15:12
つい最近まで底面フィルター(オーバーフロー)を取り付けていた旧90cm水槽。
止めた理由は必要無いと感じたから・・・(ウソウソ)。

あの底面、スリット状の穴が開いていて其処から微量の水が出てくる。
構造的にはまあまあなんだけど、一番の問題点。
あの穴に水草が根を張ってしまう。

で、水草を植え替えようと引き抜くと底面フィルターも一緒に・・・(大汗)。
長期間水槽を維持しようとしたら、微量の底床内の水流は有効と考えています。
まず底床内が好気性に成る事。冬場でも底床内の温度を確保出来る事。
液肥を入れれば底床内も肥料が行き渡るし。
勿論給水側に底面フィルターを取り付けるのではなくてフィルターからの吹き上げにしたい。

そんな訳で自作を決めました。材料費は数千円掛かるかなー?
吹き上げの為にもう一つ外部フィルターが必要に成るのが痛い。

でも、フィルター能力は大きい程良いと考えているし、長期維持出来ると考えれば高くは無い。

実は入院中に考えて退院の日、帰宅途中にホームセンターに寄って材料を確認して来たのはナイショです(大汗)。

今の90cm水槽、水草のファーム状態。生長の遅いクリプトが多いので本調子にするのには時間が掛かる。
全ての水草の調子が出たら、底面を入れてレイアウトも思いっ切り凝って見ようと思っています。
でも僕の美観なので・・・・・(此処が一番の問題)。




拍手[0回]

<< ひょっとして・・? CO2。>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT