CATEGORY[CO2]
コメント[ 0 ] 2015年09月07日11:18
退院してすぐ行動に移したのはCO2添加量の増加。
今日で三日目ですが変化が現れました。

夜間葉を閉じる水草は多いですがルーケンスはしなかった。
それが昨夜は全てのルーケンスの葉が立った。
気持ち良い位直立不動(チョイ大げさ、笑)。

僕が2年近く前にこの世界にカムバックしたのはご報告しましたよね。
で、昔だったら育てるのが難しいと言われていた水草達。
最近は極初心者でも育てている。ナンデ・・・・?

ヤット理解出来ました。そうCO2添加が標準に成っていたのです。
昔はCO2を入れるとしても拡散筒程度でpHが下がるまで入れる人は極少数。要は入っていれば良い、程度の認識だったのです。
僕は当時大型ボンベで入れていましたが濾過バクテリアを殺すのが怖くて大量投入は控えていたのです。

今回の投入量。90cmは毎秒5滴以上(早くて数えられない)。45cmも毎秒3滴。この状態でチョコグラの食欲は旺盛。

病院で読んだ雑誌が肥料と光とCO2の関係を判り易く解説してくれました。昔とは全然違う理論。でも納得出来た。今迄ナンデ?となった訳が理解出来た(今の水槽が大量の肥料を要求している訳も)。

細かな事は省いてCO2不足。そんな訳で大型ボンベを友人に未だ持っているか聞いたんですね。
今のボンベでこの量を入れたら1本2週間で使ってしまう筈。2本の水槽では4本は堅い。こうなったら大型ボンベしかないな。
そんな考えでの行動だったのです。
肩の具合が良く成ったら友人の所からボンベとレギュレーター(2個ずつ有る筈)。更に電磁弁、高圧ホースetc,etc。なんかを貰って来ます。

アーーー、益々深みに・・・・。




小型水槽でも2~3秒に1滴程度では丸っきり足りません。って骨身にしみました。
カムバック時にはCO2は絶対に使わないつもりだったのに・・・・・。

拍手[0回]

<< 底床内の水流。 今日は一日水槽遊び。>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT