CATEGORY[VSR-10 Gスペック]
コメント[ 5 ] 2012年06月15日21:54
さて、鳩の豆鉄砲に最適な銃は・・・?
ハンドガンでは命中率が低い。ヤハリ長物のライフル。で、更に煩く連射出来るのはイヤだ。1発1発丁寧に発射出来る物。

そう成るとボルトアクション(この言葉はなぜか知っていた)。

基本的に機械はシンプルな物が好き。ボルトアクションは余計な物の無い構造。まあ本物の話で、エアーガンは見た目だけかな?

とりあえずボルトアクションでネットを検索。

最初にヒットしたのが『東京マルイのVSRシリーズ。』

兎に角、エアーガンのイロハも知らない人間がネット検索なんてするもんだから、専門用語はチンプンカンプン。

でも、人間凄い。色々なネットを読んでいると、専門用語も段々と判って来て・・・・。

VSR以外にも見つかったんだけど、初心者が手にするにはVSRが良い事が判って来る。

他の銃は、箱だし(メーカー出荷状態)では其の侭使えない。ユーザーのセッティングが必要(どこかのバイクと一緒、笑)。

鳩相手にセッティングなんてしてらんないね。よしVSRで行こう。

VSRには3種類の基本バージョン。
詳しくはこちら。
http://www.tokyo-marui.co.jp/products/08/vsr_10/index.html
リアルショックは面白そうだけど、鳩を狙うにはチョイ問題(命中率が低そう)。
そう成るとスナイパーバージョン。

なんて簡単に考えていた。

実はこの世界、欲しい銃が簡単には手に入らない。
メーカーは完全なる計画生産。出荷量も少なく、タイミングを逸すれば、次ぎの生産まで待たないと・・・・・。

スナイパーバージョンは各店品切れ。リアルショックが少々の在庫(迷っている間にリアルショックも完売)。

参ったなー。で、目が行ったのがGスペック。リアルショックとスナイパーバージョンをグレードアップしたモデル(値段は少々高い)。

まあ、そんな事はどうでも良くて、次ぎの入荷がスナイパーバージョンよりも早い(女房の鳩を何とかしてー、のプレッシャー、汗)。

そんな訳でGスペックを予約したんですね。

予約してからGスペックの勉強(オイオイ)。

で、またもやの問題点。Gスペックはスコープをつけるのが前提。単純な照準器(照星と照門、最近はフロントサイトとリアサイトと呼ぶらしい)、が付いてない。

拙いよー。鳩が相手でも照準器が無くちゃ勝負に成らない。

スコープっていくら位するのかな?

ナヌ、純正は¥10000。安い店でも¥7000以上する。

銃だけでも高かったのに、スコープまで・・・・・・・。

そんな時に楽天からメール。
『ポイントが5000点貯まっています。期間限定ポイントですので今月中にお使い下さい。』

オオ天の声。スコープを買いなさいと神様が言っている。

と言う事で、二千数百円でスコープを手に入れたピンキー君なのでした。

つまり、銃も来ない内にスコープを手に入れて・・・・・・。

拍手[4回]

<< VSR10 Gスペック その二 困ったもんです・・。>> [ HOME ]
Rg
あはは、僕も九七式狙撃銃を買おうか悩んだことがあります。
言い訳が見つからなかったんで、買いませんでしたけど。
うっかり買っていたら、今頃、僕が標的になっていたかも?
【2012/06/16 09:42】| URL| 岳 [ 編集する? ]

97式は僕の親父が本物を背負って行進したはずです(汗)。
で、親父に言わせるとポンコツですって(笑)。
弾詰まりがしょっちゅうで、弾丸も熊でも撃つのかよと言う大きいもの。
自動小銃には絶対に敵わなかったとか・・。
【2012/06/16 13:14】| | ピンキー [ 編集する? ]

ハハ・・(笑って誤魔化します)。
親父のかついでいた銃は、38式歩兵銃でした。
なんで勘違いしたんだろう・・。

で、97式を調べたら38式の派生モデルで(驚)。
此処に綺麗な写真が載ってます。

http://taka25ban.sakura.ne.jp/newpage33.htm
【2012/06/16 18:49】| | ピンキー [ 編集する? ]

僕も、このサイトを見て、うっとりしていました。(←危ない?)
うちの爺ちゃんは、射撃が得意だったらしく、ピストルでも38式歩兵銃でも好成績だったと、自慢しておりました。
ただ、自分の自慢で、銃自体の評価はしてなかったですねぇ。
【2012/06/17 12:39】| URL| 岳 [ 編集する? ]

最初に僕は戦争が大っ嫌いと言う事を前提で・・・・。
でも、その為の道具ってファッションの入る隙間が無く機能美の塊なんですね。
最近の一般品のデザインはデザインではなくファッションって切り捨ててしまっている僕にとって、機能美の塊は何にも増して最高のデザインで・・・・(拙い)。
でも照門の距離目盛り。笑える数字が出ていますよね。
でも親父に言わせると、本当にそんな距離を山成りに撃ったそうです。当たりっこないって思いながら・・。
ちなみに親父はシベリア抑留経験者でロシア人は大っ嫌いでした。
【2012/06/17 12:56】| | ピンキー [ 編集する? ]

コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT