CATEGORY[APS-2 or]
コメント[ 2 ] 2012年06月25日18:50
仕事の合間に・・・・・・・・。
エーーAPS、買った侭でダンボールに入った侭。

一度も箱から出ていない。チョイ可哀想だよねー。

で、もう1丁のGスペック。最近トリガーの感触にチョイ不満。
何かしっくり来ないんだよなー・・?

チョイ休憩の間にAPSの機関部だけを取り出した。

機関部だけで空撃ちは出来る。

ネットでの評価ではコッキングする時の感触はVSRシリーズの方が良いと言っている人が多いけど・・・・・。

ウーン、確かに若干ガサついた感触。でも原因は想像できる。
2~3回引いただけなのに、シリンダー外周部に引っかき傷。要はボディ側にバリが有るみたい。

此の辺はばらして磨けばOK。其れよりも引いた時の軽さが嬉しい。明らかにGスペックよりもかなり軽い。

空撃ちした時に、バネのビヨーンと言う音がする。と言うのも全然ない。発射音もGスペックよりも小さい。

で、一番嬉しいのは・・・・・・。
トリガーの感触。明らかにGスペックよりも上。滑らかでスッと引ける。

フフフ、良い意味で2丁をライバル関係にして、色々と弄ろう。勿論規制値を越える威力には絶対にしない。

マズ考えているのがシリンダー内面の処理。

シリンダー内面が綺麗でないと、フリクションが増え、フリクションと言うのは非常に不安定なものなので、初速度が不安定に成り易い。

此の辺はシリンダーその物を作り変えるか内側の表面処理。
此の辺はバイクの世界ではサスペンション等で結構御馴染みの方法。

へへ、この世界の素人だからこそ、従来の常識に捉われないチューニング。
別に此れで喰って行く訳じゃないので、常識外れの方式で楽しんじゃう予定。

でも、絶対に威力は強めません。あくまでも集弾を良くするだけ。

ノンビリと始めよう。


拍手[0回]

<< レティクルのもう一つの役目。 改造銃>> [ HOME ]
Rg
いよいよAPS-2もスタートですね。

私のは99年製なので、一度機関部をばらして、専用のケミカルでメンテする必要がありそうです。
表面処理にはちょっと手が出せないので、シリンダー用で良さそうなケミカルを物色中です。

常識外れのチューニング、楽しみにしてますよ。
【2012/06/25 20:01】| | yam [ 編集する? ]

ピストン側にゴムが使われていますから、シリコン系が無難と思います。
僕はシリンダーに砲金を使ったら、なんて考えています。摩擦が少ないんですよね。
エアーガンのチューンに砲金と言うのも何か出来過ぎた話の様で・・(笑)。
【2012/06/25 21:54】| | ピンキー [ 編集する? ]

コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT