CATEGORY[水槽コントロール]
コメント[ 0 ] 2014年05月29日10:32
最近暑い日が続いて、ヒーターコントローラーにランプが点かない。
つまりヒーター無しでも水温を維持出来ている。

で、温度計を見たら・・・・・・。

ヒーター設定温度(25℃)よりも1℃高い26℃。

まあ、この温度なら心配無いんだけどまだ5月。
これからドンドン暑くなるよね。

と言う事で入手はしていたんだけど、設置をめんどがってしていないクーラーを取り付ける事に・・。

クーラー専属のポンプを使うと、其れでなくても配管だらけの我が水槽。これ以上配管を増やしたくない。

2台のフィルター(2215)の片側に取り付ける事に。

フィルターに取り付けるのにはもう一つメリットが有ります。

専用ポンプだと水槽の水が直接クーラーに入ります。
つまり若干ながら汚れた水。

フィルターの出口側にクーラーを取り付ければフィルターで濾した水が入ります。

つまり、クーラー内部の汚れが少なくなるんですね。
フィルターの配管の給水側と排水側の汚れを見れば判りますよね。
給水側の方が早く汚れます。

そんな訳で・・・・・・。



クーラーの周りにはたっぷりとした空間を・・。
此れが無いとクーラーの放熱が悪くなり効率ダウン。

運転させましたが騒音も少なく此れなら夜中に運転されても五月蝿くない。

数百円の水草と魚の為に、いくら投資したかなー・・・・(汗)。


拍手[2回]

<< 藍藻退治。 そろそろ水温が・・・・・。>> [ HOME ]
Rg
コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |NEXT