CATEGORY[独り言]
コメント[ 2 ] 2012年06月15日15:57
イヤ。昨日開いたこのブログ。僕の操作ミスで全てを消去。ア~~~~~(涙)。

もう一度同じ事を書くのかい?覚えていないし・・。

と言う事でもう一度最初から・・・・・・・。

エーーー。嵌っちゃったんですね。エアーガン。最初の購入動機は鳩の糞攻撃の撃退。

ベランダに乾してある洗濯物に布団。人間の目を逃れて鳩の糞爆弾。

敵が爆弾攻撃なら此方は対空砲火で対抗するしかない。




実は10数年前にも同じ事件が起こりました。その時僕の取った行動はエアーガンで鳩に豆鉄砲を食らわすと言うもの。

当時はエアーガンの流行していた時代。いつも行くスーパーの向かいにもガンショップが開いていたんです。

当時小学生の娘を連れハンドガン(拳銃タイプ)を買いました。鳩が目的ですから、兎に角一番安い銃を買ったのを覚えています。

当時のエアーガン。今の規制が無い時代。ハンドガンと言っても結構強力。至近距離で命中すると小さな羽毛が飛びました。

鳩はさぞかし痛かったかと・・。

まあ、殺生には至りませんで皆ビックリして飛んで行ったんですね。

2~3週間の攻防の末、僕の勝利。それ以来鳩は我が家のベランダには寄り付かなく成りました。

その後十数年、平和な日常だったのですが・・・・・・・。

今年の春からまたもや鳩が来始めた。以前と違い可也ずうずうしく、早朝からグーポッポ。
その声で目が覚めるしまつ。

鳩も世代交代。銃の怖さ(痛さ)を知っている鳩から知らない鳩へ。

何度追い払っても鶏状態。人間が居なくなると平気でベランダを闊歩。ついでに糞を・・・。
また、エアーガンか・・・・・・。

最初のエアーガン、ハンドガンだったので距離が遠いと当たリ難い。

こうなったらライフル。

普段、エアーガンとは全然関係の無い環境。友人にもこの辺の趣味を持った者は皆無。

本来なら銃ショップへ行って相談ですけど、なんかあの類の店って僕に取っては気味が悪い。非常に入るのに勇気が要る。

そんな勇気の無いピンキー君はネットで検索を始めた。

鳩が相手なので強力なのは要らない。怪我をさせたくない。イテッて驚いて逃げ出せば良いんです。

と言いながら、実は銃が嫌いではないピンキー君はボルトアクション銃を探し出す。
正しく言うと銃が好きなのではなく射撃が好き。
更に言うと一発一発丁寧に撃つのが。

昔弓道をやっていたので、その名残かと・・。

サバイバルゲームは嫌いなんです。あくまでも静かに落ち着いての射撃。

鳩相手にそんなに真剣に成る事も無いんだけど、どうせ買うなら・・・・・。
バカですねー。

で、遂に最近のエアーガンを手にしてしまった。
いつの間にか鳩はどうでも良く成って・・・・・・。

あ、鳩ですか?2~3羽に命中させたら、其れっ切り来なくなって、その方は大成功だったのです。

問題はピンキー君。射撃に目覚めてしまった。

遂にこんなブログを作ってしまう始末。

ズブの素人がエアーガンを手に入れて、どんな結末に行くのか?
只、購入前考えていた世界とは違いました。チョットヤバイ世界。

勿論人に怪我をさせようなんて世界ではないですよ。射撃の面白さ。

他人が思うよりもはるかにスポーツ性が高いんです。

精神の統一と下半身の安定。

弓道で弓を構えていた時を思い出したんです。

あの時と同じ。
心を静めて、じっと構える。あの時の緊張感、何とも言えないんですね。

マサカおもちゃの銃で同じ感覚に成るなんて。

と言う事で、世の中で多いサバイバルゲームでの楽しみとは丸っ切り逆の楽しみです。

で、ネットで色々とエアーガンを検索していて、サバイバル系のHPやBLOGは星の数ほど有るんですが、僕の様な楽しみ方をしているサイトには当たりませんでした。

だったら自分で作っちゃえ。そんな軽い乗りです。

マサカ鳩のおかげでこの世界に嵌るとは・・。

まあ、ノンビリとスタートです。


拍手[2回]

<< VSR-10 Gスペック その一。 [ HOME ]
Rg
BB弾って、裸足で踏むと少し痛いのだ~^^

電池で動くピストルをお子が小さい時分に持っていて、
襖に当たると半分位めり込むだけで貫通しなから
そんなに強力ではないけれど~^^
連射するものだから、拾い集めるのに一苦労した記憶が^^

【2012/06/15 18:29】| | 暇 [ 編集する? ]

お疲れ様です。そちらの更新がないので心配してました。
イヤ、まさか嵌まるとは・・・。

今のエアーガン、規制で弱くなってますが、襖は貫通すると思います。

出来るだけ弱くて、精度の高いと言うのが欲しいんです。

バイクと同じで色々と弄らないと駄目な様で、その辺も嵌まった原因かと・・。
【2012/06/15 18:45】| | ピンキー [ 編集する? ]

コメント投稿















trackback
トラックバックURL

FRONT| HOME |