CATEGORY[水槽コントロール]
コメント[ 0 ] 2016年12月13日11:19
夜間エアレーションを始めて1週間余り。
夜中にエビが落ちなくなりました(笑)。

エアレーションの爆気でCO2濃度が下がってpHは7を超える。
なんて事は一度も有りません。

毎朝照明の点灯直前にKHとpHの測定。
結果CO2濃度は10~15mg/Lの間を示しています。
前日の昼間、頑張り過ぎてCO2濃度を上げ過ぎた。
なんて日の翌朝は20~30mg/Lを示す事も有ります。

夜間エアレーションをして更に気づいたのは水草が気泡を付ける時間が早く成った。
以前は点灯後2~3時間で付けていたのですが、今は点灯直後から付け始めます。

つまり、酸素濃度が飽和に近く有るので気泡を付け始めるのが早まったと理解しています。

今の所、苔の異常発生も見られません。と言うか減っているみたい・・・・。
メイン水槽はクリプトとミクロソリウムが中心なので、照明を一時暗くしていましたが、今は39WのT-5管を4本点灯。クリプトからも気泡が上がります。
エキノドルスルビンも今の状態にしてから新葉がグリーンに中々ならないで(植え替えてからの新葉3枚は赤い侭)綺麗な赤を保っています。

一時期、エビが落ちるのでハイポネックスを控えていましたが、エアレーションを始めてからハイポネックスを結構な量入れても平気です。
ハイポネックスの所為じゃなかったんですね。

まだまだ水景とは呼べない状態ですが、水草が元気に成って来たのでジックリとレイアウトを考えて見たいと思います。



拍手[0回]

CATEGORY[水槽コントロール]
コメント[ 0 ] 2016年12月10日18:02
メイン水槽で一発でOKが出た夜間エアレーション。
サブ水槽でも夜間のエビ君・・・・。どちらかと言うとサブの方が酷い。

毎朝エビの死骸を取り除くのが最初の仕事。

メイン水槽で巧く行ったので柳の下の鰌を狙います。
序でにCO2添加の方法を拡散筒から強制に変更。

正午直前に部品が入荷。

エビもいるので、本職に優先して作業開始。

全てのタイマー(照明、CO2、エアレーション)もリセット。
pH計と首っ引きでCO2添加量の調整。
流石に強制添加、同じ供給量ではpHが下がる。

今回換えた一番の理由は拡散筒の汚れ。これが汚れると効率が無茶苦茶落ちるんです。

あ、写真を取りませんでしたが強制添加の位置はフィルターから水槽へ戻るパイプの途中です。
強制添加の部品メーカーは水槽からフィルターへ行くパイプの途中を推奨しています。

確かにこの方法でしたらフィルターのインペラーの回転でCO2が溶け込むとは思うんですが、フィルターにCO2を入れたくないんですね。
フィルターへは酸素をタップリ入れてCO2は入れない様にと考えています。


拍手[0回]

CATEGORY[水槽コントロール]
コメント[ 0 ] 2016年12月10日09:03
夜間エアレーションを始めて二日目の朝。
チョイ(10分)早めに照明をON。



エアストーンは流木の後ろに隠して設置しました。
直径30、長さ150と言う大きな物です。

今朝も水質をチェック。
昨日と変わりなく安定しています。
エアレーションの時間を2時間増やしたのですけれど何も影響されていません。

今日、もう1セットのエアレーションセットが入荷します。

もう1本の水槽にもセットです。


拍手[0回]

CATEGORY[水槽コントロール]
コメント[ 0 ] 2016年12月09日20:57
今朝の測定でエアーレイションをしてもpHの変化は無かった。
そんじゃ、遠慮なくエアレーションしても大丈夫だね。
そんな訳でエアレーションの時間を拡大。
消灯時間目一杯に・・・(笑)。

イヤ、アクアリウムの世界だけじゃ無く、僕の本職の世界でも間違った常識を平気で流すやからって多いんですよ。
ネットで夜間エアレーションって検索した時、本人の経験で(正しい測定値)書いて有るんじゃなくて、ネット界で有名な人の言っている言葉の受け売りって多いんですよね。
なんで自分で確かめようとしないんですかね。難しい事じゃないんですけど。
要は、面倒なので人の意見にお任せ。なんですかね?

そんな根性じゃお魚さんに申し訳ないって・・・・。



あ、次回に写真でアップしますけど、僕のエアレーション。
決して微妙な量ではなく結構盛大にしています。

拍手[0回]

CATEGORY[水槽コントロール]
コメント[ 0 ] 2016年12月09日08:50
昨夜から始めました夜間エアレーション。
エアレーションで爆気をするとCO2が抜けてpHが上がる。

と言うのがネットでの検索結果。
この意見に関する僕の直感。
大粒の気泡でボコボコとエアレーションしているのかな?

今回のエアレーションは小さな気泡で静かに行っています。

今朝この時間(8:40)、照明点灯の20分前。
KHとpHの測定(ワクワク)。

結論、昨日の朝と全く変わりません。
KH 2,7近辺。pH 6,8

僕の水槽の場合ですので他の方の場合は判りませんが、細かな気泡でのエアレーションならばCO2を逃がさない。と言う結論のようです。



昔話。120×60×60の水槽をオーバーフローで使っていました(爆気は半端ではない)。
でもCO2の強制添加でCO2濃度を保っていました。

エーーー。30分後の追記です。照明が点灯しました。
ウッソーと言う位、エビが泳いでいます。
パンダも活発に動いているし・・・・。
勿論エビの落ちはゼロ。
もう1本の水槽にも設置しなければ・・・・。

拍手[0回]

| HOME |NEXT