CATEGORY[射撃姿勢]
コメント[ 0 ] 2012年07月04日16:56
ここ数日Gスペックに接しませんでした。理由は簡単で鳩が来ない(汗)。

まあ、平和で良いんですけどね。

で、暫らくぶりに昨夜に続いて今日もGスペックを立射の姿勢で構える。

以前は構える度に、銃との違和感を・・・・。

スコープと目の距離、更に頬付けの位置。

数日振りなのに違和感を感じないで、スコープの映像もピッタリ。

ヤット、僕のポジションが決まったかな。結構苦労したもんなー。
スコープの位置は特に。
マウント位置を上げたり下げたり。

銃のチューンも大事だけれど、自分のポジションに合う銃にしないと、命中率のアップなんて絶対に無理。

今のGスペック。僕のオーダーの様に構えが決まる(他人の目では・・・汗)。

この構えでのピッタリ感。凄く重要と思うんですね。

GスペックにMマウントリングでしか試してない貴方、もっと貴方に合ったGスペックを手に入れられるかも・・。


拍手[3回]

CATEGORY[射撃姿勢]
コメント[ 0 ] 2012年06月23日10:39
最近のピンキー君は家での遊び道具が出来てご満悦(笑)。
お陰で退屈しません。ピンキー君にとって『退屈』の二文字は拷問に等しいんです。

で、数日前に気に成ったスコープの高さ。何かシックリ来ない。ベテランでしたら高過ぎるのか低過ぎるのか一発で判るでしょうけど、そんな事は丸っ切り判らないピンキー君。

こんな時には人の意見を聞く前にまず試す事。試しもしないで聞いたって、聞かれた方が困る。要は相手の方向性が掴めないんですね。

高いとこう感じる、低いとこう。って言われれば成る程それならどちらが良いですよ。って答え易い。

兎に角人に聞く前に経験。って考えているピンキー君は早速スコープマウントを入手。

今迄よりも高くしたかったんです(本当の山勘)。



写真は今迄のスコープの位置。メーカー推奨のMマウントと呼ばれているマウントリングを使っています(赤矢印のパーツ)。



標準装備のマウントベースの上にオプションのハイマウントベース(緑矢印)を取り付け、この侭では高過ぎるので、マウントリング(赤矢印)をMからLへ交換。

コレでも結構高く成ります。




銃身(バレル)とレンズの距離を前の写真と比べると一目瞭然。可也離れました。
スコープの性能としてはあまり良い事ではないんです。
つまりスコープの視線と弾道との距離が離れるのでその分着弾点がずれるんですね。

でも、僕は銃を構えた姿勢を優先。スコープのズレはその分照準をずらせば済みますので。

この辺は二眼レフカメラの感覚です(笑)。

この位置で銃を構えると、ストックに当たるのが頬ではなく顎の骨。只目をつぶって銃を構えるとスコープが常に同じ位置に来ます。

前のスコープの高さだと、構える度に違って来て・・・・(何かシックリ来ない)。

まあコレで良いな。って訳で、明日の鳩に備えて枕元に置いてお休みなさい(鳩は来ないんですけどね)。

昨夜の事です。




で、今朝の状態・・・・・・・・・・(大汗)



バレルとスコープの距離。レンズキャップも付けられない位タイトに。
昨日の逆ジャン・・・・・。



外したハイマウントベースとMリング。コレが一番高くなる組み合わせ。
つまりベースを戻してマウントリングも低くしてしまったんです。



マウントリングとマウントベースの関係。こんな感じで付いてます。
で、ハイマウントベースをつけた状態で目線をずらしたんですね。



銃を構えた状態で僕の目線にはこんなマウントベースが見えます。
で、この穴の部分(四角い穴)へ目線を合わせて、照準をしたら・・・・・・・。

ストックと頬の関係が一番シックリと・・・・・。

オイオイ、高くへじゃなくて低くじゃなかったの?

慌ててベースを外しマウントリングのLだけでスコープを取り付け。

シックリ来ます。頬づけが決まる。

ウーーーーン。

で、ピンキー流の考え。

銃は元々照星と照門が標準(Gスペックには付いてない)。それに合わせてストック形状も。

そう成ると、スコープは大きい分照星、照門よりも高くマウントされてしまう。

結果、不自然に。

正しいかどうかは判りませんよー。でも前の位置(一番最初)はストックと頬の間に何か詰め物をしないと無理かな?

って思っていたのが略解消。

今迄で一番頬づけが自然。

更にトリガーに掛かる指の位置まで変わって、人差し指の一番敏感な所でトリガーを絞れる様に。

無茶嬉しい(馬鹿馬鹿馬鹿、益々嵌って)。

そう成るとGスペックのトリガーフィーリングには不満。トリガーの落ちる瞬間が判り辛い(ハッキリ言うと判らない)。

引っ越したら、この辺全分解で作り直しそう(汗)。


拍手[0回]

CATEGORY[射撃姿勢]
コメント[ 4 ] 2012年06月22日13:14
此処最近のネット検索は銃その物から、射撃テクニックへ変わってきた。
昔ならば本屋さんへ行ってその類の本を買ったと思うけど・・・・・。

エーー、バイクは散々買いました。テクニックに関する本を。

で・・・・・・・・。

殆ど役に立たず、かえって変な先入観を持ってしまい、邪魔に成る事しばしば。

本職の方もその類の雑誌記事は・・・・・・・・(汗)。

と言う事で本を買わずに、自分成りに色々と試してみよう。

銃の構え方。基本姿勢はまず誰でも同じ事を言っているんですが、力の配分に成ると人其々。

そうなんです。何でもそうかと思うんですが、色々なテクニック、完成したものは皆無かなと。

だから今でも試行錯誤を繰り返しているんですよね。完成してたら皆同じ方法でやる筈。

で、なまじ本を買っちゃうと、その筆者の文章だけを頼りにしてしまう。
沢山の先人の意見を聞かないといけないのに・・・。

話は変わりますけど、昔ある人と経済の話に成りました。
するとその方、僕の読んでいる新聞を当てちゃったんです。

要はその新聞に洗脳されてしまっていたんですね。

その方の意見『新聞を読むのなら最低でも4紙以上。1紙しか読まないのなら、丸っ切り読まない方が良い。』

確かにそうなんです。マスコミの危なさに気付かされた出来事でした(30歳前半の出来事)。

で、今回面白かったのが右手のグリップ。
僕は極当たり前にシッカリと握っていました。

ある方(元自衛隊みたい)の意見。グリップをしっかり握ったら微妙なトリガー操作が出来ない。
右手を離しても銃がシッカリとホールドされていないと・・・・・。

成る程って思って、他のHPを覗くと右手グリップはシッカリとって成っているんです。

どちらが正しいのか?(僕なりに此方かな?とは思っているんですが)

こんな事にも色々な意見が有る。結論を出すにはまだまだ僕は経験不足。

入ったばかりのこの世界。長く楽しめそう。


拍手[0回]

CATEGORY[射撃姿勢]
コメント[ 2 ] 2012年06月21日14:22
今朝、開店準備中にヤマトのお姉さんがドアをトントン。
電動自転車でリアカーを引いて、近場を廻っています。雨の日もですので本当に頭が下がります。

顔見知りになって、道で会っても挨拶する間柄。

『オハヨウゴザイマース。アマゾンさんからお荷物でーす。』
ニコニコと入って来ます。

僕はテレながら『コレおもちゃなんです、遊びでして・・・・・。』

お姉さん(オット僕よりもズーーット若い、暇チャンぐらいかな)ニコニコと『楽しいですね。』

ヘヘヘ・・・・。

箱の中身は判っているんだけど、仕事優先。

で、仕事が接着剤の硬化待ち状態。
チャンス(汗)。



見る人が見ると判りますよね。
スコープの取り付け台。

つまり、今付いているのはチョイ低い様な気がする。
その辺の調整パーツがマルイ純正で出ているんです。

バイクで言えば、ライディングポジションの調整です。

バイクはシェルパに乗ってSTのポジションが変って気が付きました。

此方の世界での僕はまだまだヒヨッコ(いやヒヨッコにも成ってないかな)。

この辺は試して見ないと判らないんですね。

コレに交換しても、今の状態のほうが良いって結果に成るかも知れません。
でも、試さないと先へは進めないので・・・・。

重病状態を脱して、コレが普通に成っちゃった(大汗)。


拍手[1回]

CATEGORY[射撃姿勢]
コメント[ 0 ] 2012年06月21日10:25
今迄の僕。遊び道具は全て店に有るので、家でする事はお酒を飲みながらテレビを見るだけ。

結構つまらない人生を送っています(笑)。

で、最近のピンキー君は・・・・・・・・。

布団の上に座って銃のセッティングに余念が無い。何処を・・・・・・・?

スコープの位置のセッティングなんです。

ご存知の様にスコープと目の距離。適正距離は結構狭い範囲。
でも一度合わせれば・・・・・・。

そう、射撃姿勢が決まったベテランならば・・・・・・・・。

射撃って、銃の構えで略決まります。弓道も洋弓も・・・・・。
まあ、スポーツって姿勢が大事ですよね。

で、僕の構え、全然決まってない。

毎晩立射の姿勢。発射しないので狭い部屋でも出来ます。でもコレが基本。

銃のストックに頬をきちっとつけるんですが、この位置が決まらない(要は未熟者)。

構える度に頬の位置が前後するので、スコープとの距離も変わって・・・・・・・・・。

何度も何度も自分にとって自然な銃の位置を探し、その度にスコープ位置の調整。

で、昨夜スコープの高さが合ってないんでは・・・・・・?

構えやすい位置に銃を固定すると、スコープが目の前の直線上に無い。

スコープが覗ける位置に構えると頬の位置が不自然。

成る程ね、それでスコープのマウントに種類が有るんだ。
視差(パララックス)を少なくしたいのなら、スコープと銃身との距離は近いほど良い(1眼レフって出来ないですかね、笑)。

でもその位置が銃を構えた時に覗き易い位置の保証はない。

何しろ、ど素人が初めて有る程度まっとうなエアーガンを手に入れたのです。

全ての事が新鮮。

発射しないで単に構えるだけでも面白い(奥が深い)。

でもハタから見たら、変なおじさんがパジャマ姿で布団の上に立ち銃を構えている姿。
想像しないで下さい。

あ、練習している銃はGスペックです。APSはまだ箱の中(汗)。



拍手[0回]

| HOME |