CATEGORY[照明]
コメント[ 0 ] 2016年12月15日14:51
昨日注文していた蛍光管が入荷しました。
ネット通販って本当に速いですね。
こんな田舎に住んでいても不便さを感じさせません。

で、早速交換。
T-5管です。従来のクールホワイトから換えました。どちらも高輝度管ですので見た感じの明るさは肉眼では判りません。

でも水草は・・・・・・・。

昨日の夕方辺りから違いは感じていたのですが、水草の気泡の量が違うんですね。
一日経った今の時間。クリプトからこんなに気泡が上がるなんて・・・・。

さて、問題はコケの発生。これは1~2週間様子を見ないと判りません。
暫くこの状態を維持して結果を見たいと思います。




拍手[0回]

CATEGORY[照明]
コメント[ 0 ] 2016年12月12日16:06
再スタートしたアクアリウム。
其れ成りに維持はしていましたが完全にノーメンテ。
此の侭だと崩壊する・・・。

そんな訳で一ヶ月前辺りからポチポチとメンテを始めたのです。

水換えにガラスの掃除、更にフィルターの掃除。

そんな中気が付いたのが・・・・・・。

水槽内、黒髭苔の酷い所と丸ッ切り生えていない所。
同一の水槽内ですから水質は完全に同じ。水流も其れ成りに考えて廻しているので止水域は無い筈。

其処でピコン。照明・・・・・・・。
僕の照明は蛍光灯。どちらの水槽も4本の蛍光管で照らしています。
僕の場合、単一の蛍光管は使いません。何種類かを混ぜて使うんですね。

黒髭苔の酷い所の上には決まって同じ蛍光管が・・・・。

犯人はこいつか。

悔しいのが、どちらも照明器具に付いて来た標準管なんですね。

写真をアップ。





特にテクニカの下は酷いです。20W直管なのでまあ家の中でも使えるし。

問題は下のクールホワイト。T-5管ですので僕の家の中では使えない。
どうしよう・・・・・・?





あ、これはあくまでも僕の水槽の場合です。上記の蛍光管で巧く育てている方もいらっしゃると思います。
タダ、経験から明るさだけで選ぶと失敗します。
人間の眼で明るく感じても植物が喜ぶかは別ですし、苔が欲しがる光もあると思いますので・・。

つまらない思い出。
昔は今の様に沢山の蛍光管は無かったんです。少しでも高光量をって考えて当時の三波長高輝度管を使ったんですね。
パルックを使うと緑の苔が(芝状の)大発生。メロールックだと全然発生しませんでした。
まあメーカーは其処まで考えて作っちゃいないと思うので仕方が無いですよね。
その時の経験則。蛍光管の種類でコケの発生は全然変わる。
色々と買って試すしか方法は無い。
こんな実験も蛍光管ならでは。LEDでは機器の買い直ししかない(何台買えば良いのかなー・・笑)。
そんな訳で一度LEDも試しましたが、まだまだ蛍光管には敵わないかなと・・・。

まあ、今日も気に成ってしまった蛍光管を発注してしまいました(笑)。

で、こんな経験していませんか?
人間の眼では暗く感じる蛍光管の方が水草は気泡を沢山上げるって。

実は20W直管で良いって思った蛍光管が有るんですね(パルバが苔に一切犯されないで濃い緑色で生長しています。勿論草体も美しく)。でもそのT-5管は無い。それに近いと感じたT-5管を発注しました。

拍手[0回]

CATEGORY[照明]
コメント[ 0 ] 2015年12月25日08:37
LED照明で水草を育てているサブ水槽。
蛍光灯で育てているメイン水槽とあきらかに違う。水草の色が薄い。
苔も出易い。

そんな訳でサブ水槽も蛍光灯へ変更です。
メインと同じ器具を買おうとしたら在庫切れ。
我慢の出来ないピンキー君は他の器具の購入ボタンをポチ・・・・。

これが大変な目に遭った。
と言うのはこの器具、奥行きが22cm。水槽の奥行き25cm。殆ど水槽の上面を覆います。
其の辺は良いんだけどリフトアップの器具が付いてない。
水槽の上面にピッタリと置かれる。給排水のパイプを出すのも難しい。

そんな訳でリフトアップの金具を作らざるを得ない羽目に・・・・・・。





テクニカのインバーターライト。中身は20W直管が4本。チョイ暗いかなとは思うんだけど水深が30cmと浅いのでいけるかと・・・(90cm標準水槽、水深45cmでは暗いかと)

此れを選んだ理由、20w直管は可也の種類が売られている。蛍光管の選択範囲が広がる。と言うのも有ります(メイン水槽のT5管は種類が少ない)。

リフトアップ金具はアルミ材を切削、ブラックアルマイト加工。これを自分でやったので(アルマイトは外注)良いけれど、加工屋さんに出したら照明器具よりも高いかなー(大汗)。

さあもう直ぐ照明の点灯時間。楽しみ。


1時間後の追記。
蛍光灯が点灯しました。
リスノシッポの赤が綺麗です。
パールグラスのグリーンも鮮やか。
ヤハリ今迄のLED照明は発色がおかしかった。
と言ってLEDは全て駄目かと言うと、僕の選んだ器具が駄目だっただけで、その他の器具は知りません。
只、LED照明器具で失敗しますと器具の買い直し意外有りませんが、蛍光灯なら蛍光管の交換で何とでも対応出来るんですね。
勿論、今回の器具も標準装備の蛍光管だけで行くつもりも有りません(笑)。
もう数種類の20W蛍光管を用意しています(汗)。

拍手[0回]

CATEGORY[照明]
コメント[ 0 ] 2015年10月02日21:08
エーーー。前にも報告しましたが、ベアタンクの90cm水槽。藻に占領されて崩壊しました。
理由は照明。
メインの90cmももうチョイで崩壊でしたから。
LEDを止めて蛍光灯にしたら、アマゾンチドメグサの根に絡み付いていた藻も激減。

LED照明が犯人だったのはあきらかです(あ、LEDが駄目。って言っている訳じゃないですよ。僕のチョイスした器具が駄目だった)。

そんな訳でベアタンクの中に少々残っている水草。Zライトに照らされていると言う可哀想な状況。

でもね、蛍光灯の器具高いんですよ。更に標準装備の蛍光管の1本は交換が条件だし。

2215は付いてるし、クーラーも装備している。

此の侭止めるのは勿体無いけど照明器具・・・・・・・・・。







拍手[0回]

CATEGORY[照明]
コメント[ 0 ] 2015年09月24日11:45
たった今、注文した蛍光管照明器具が到着。
早速LED照明と交換。
今迄光質の違いで違った葉の色に見えていると思っていたルーケンス。

水槽左半分弱に前から後ろまで植えて有ります。まあ前景も後景もないファームですので(笑)。

今回全て同じ照明にして判ったのはLEDと蛍光管では育ち方が違う。
LED(僕がチョイスした機器に限ってかも?)は成長はするが葉の色が薄い。葉の形も今一。
蛍光管側(此れも使う蛍光管によってかなり変わる)は苔の発生も少なく葉の色、形状共に良い。
成長速度には差を感じない。

勿論、蛍光管側も標準の管は1本だけ(T5が二本入っています)。もう一本は色温度の低い管に交換。
今日取り付けた新品も蛍光管の1本は直ぐに交換。

昔、蛍光管がメインだった時代。散々蛍光管は換えて試しました。
3波長蛍光管でもパルックとメロールックでは全然違ったんですね。
パルックを使うとあっと言う間に苔の餌食に成りました。

ある家電店にメロールックを買いに行ったらパルックしか置いてなく店員さんはパルックの方が明るいですよ。って勧めてくれたんだけど・・・・(笑)。

基本的に色温度の高い方が苔が出易い様に感じます。
今回の蛍光灯器具。標準蛍光管の色温度は8000K。交換して使っている蛍光管の色温度は5500K。
見た目は暗く感じますが水草の成長速度は若干ですが5500Kの方が早いんですね。

人間が明るく感じる光と水草が明るいと感じる光。結構違うようですし、苔が欲しがる光と水草の間にも若干の違いを感じます。

要は水草に最適で苔には喜ばれない光質を選ぶ。これが最良と思っています。
で、其の光はどの様な物なのか?
今探っている最中です。



今感じているのは白熱電球の色。結構良いんじゃないかと・・・(しかもチョイ電圧を落としたあの色)。

拍手[0回]

| HOME |NEXT