CATEGORY[水質]
コメント[ 0 ] 2016年12月06日13:07
ヤット真面目に水槽の面倒を見始めました。今迄はその心の余裕も無くて・・・。
此処の所、毎日数回水質のチェック。

疑似流木がKHを上げていた事や、夜間にもCO2濃度が下がらない事など発見・・・・・。

疑似流木を入れた当時はKHを上げないので安心していたのですが、段々と溶け出したみたいでKHが5迄上がっていたのです。
上げる原因に思い当たるのは疑似流木のみ。取り出しましたよ全て。
活着していたナナとミクロソリウムは、剥がして本物の流木に輪ゴムで止めて再セット。

更に、照明点灯前の水質検査で夜間のCO2濃度が高いのに気付き、夜間にだけエビが落ちるのは此れが原因かと・・・・・。

CO2の添加を照明ダウン45分前にストップしてもダメなんです。
夜間にCO2濃度がじわじわと上がるんですね。

いっその事、夜間はO2を添加しようとも思ったんですけど、設備が大掛かり。

とりあえず、夜間はエアレーションをして見ます。

そう言う訳で、微細な泡を出すエアストーンとエアーポンプ、更にタイマーを発注しました。
此れで朝方のCO2濃度が下がってくれると嬉しいのですが・・。



正しく書きますとCO2濃度を維持した侭(pHが上がらない)O2濃度を上げたいのです(勿論夜間です)。
現状の水質検査で夜間のCO2濃度は許容範囲内。問題は酸素濃度。
昼間は植物の光合成で酸素(O2)が供給されますが、夜間はO2を使ってCO2を出すものばかりです。
酸素濃度を上げると(夜間です)、酸素を必要とする色々な物(生物、植物、バクテリア等)は更に頑張ってCO2を排出します(特に昼夜関係の無い濾過槽のバクテリア)。自然界と比べると水の量に対してO2を使うものが多過ぎるのが水槽ですから人間のコントロールが必要かなと・・・・。

とりあえず夜間エアレーションを実施。時間ごとのpHの変化をアップしますので乞うご期待。

あ、序に・・・。
夜間エアレーションで検索したら色々な意見が。
で、エアレーションすると夜間にpHが上がる筈。ね筈って言い方です(笑)。
書くんなら実証しましょうよ。貴方の水槽の場合で良いですよ。
照明の点灯直前のpHだけでもアップしましょう。
僕は頭の中だけの理論(机上の理論とも言う)が大っ嫌いなんです。
実証しましょう。それが正しい答の一番の近道なんですから。

拍手[0回]

CATEGORY[水質]
コメント[ 0 ] 2015年12月05日17:17
此処の所順調に推移しているメイン水槽。
水草もタップリと気泡を出しているのだけれど・・・・・・。

pHが下がらない。今迄は今のCO2添加ですと消灯間近には6,2近く迄下がる。
で、夜中の二酸化炭素中毒を考えて消灯30分前に添加を止めています。

それが此処の所精々6,5迄下がれば良い方。下手すりゃ6,6。

イヤ実はこいつがKHを上げるんじゃないかと気にしていた。
エビの抜け殻。100匹近くミナミヌマエビが入っていますので脱皮の抜け殻の量も半端ではなく・・・・・。

そんな訳でKHの測定。従来は1前後。
今日の数値は2強。
ハハpHが下がらない筈。KHが上がっていた。今迄1前後で安定していた水槽。
ヤハリ抜け殻が犯人かな?




CO2濃度は変わっていませんでした。pHが上がったのはKHが上がった為。
フー、焦ってCO2の添加量を増やさないで良かった。

拍手[0回]

CATEGORY[水質]
コメント[ 0 ] 2015年11月15日14:40
アクアリウムで常にチェックしないといけないpH。
測定器でチョクチョク見ているんだけれど、どうにも納得出来ない数値を示す時が有る。
校正液でチェックすると狂っていない。
でも変・・・・・・。

今日も消灯間近にチェック、値が落ち着かない。結構な幅で上下を繰り返す。
電極が逝っちまったかな?と言う事でスペアに持っていた電極に交換。
勿論校正液でしっかりと合わせる。

もう一度測ってもやはり安定しない。
其の瞬間タイマーで照明が消えた。

そうしたら・・・・・・。
不安定だったpH計の表示が落ち着き、納得の行く値を示す。

クッソー。今使っている照明器具は蛍光管。問題はインバーター。
インバーターと言うのは電源の周波数よりもはるかに高い周波数で蛍光管を点灯する。
つまり、結構高周波の電磁ノイズを出すのです。
其のノイズでpH計が誤動作。

確認にpH測定をしながら照明をオン。其の瞬間値がグンと低く成り不安定に・・。

ア~~~ア、と言う事は今まで測っていたpH値。丸ッ切り駄目。
KHとpH値からCO2の量を見ていた。とんでもないCO2量でも魚もエビも平気。
要は、十分と思っていたCO2の量。まだまだ足りないみたい。
へへ、大型ボンベなのでドンドン入れますよー。

拍手[0回]

CATEGORY[水質]
コメント[ 0 ] 2015年07月22日10:53
クーラーを設置してから45cm水槽のpHが下がらない。
どうも変?

暫くぶりにKHの測定。結果は・・・・・・。

ハハ(笑っちゃいられない)。なんと驚く5。
此処の水道水よりも高い。其の水道水だって直接入れているんじゃないし、予備水槽でKHを十分下げて(1弱)から入れている。

間違いなく、クーラーの内部に何らかの硬度上昇物質が有ったみたい。

テトラのpH降下剤で処理。
2cc入れても硬度は1しか下がらない。

急激な変化は避けたいので、ジックリ様子を見ながら調整です。



心配事が・・・・・。
チビチョコグラ君。行方不明。
外に脱出した様子はないし(周りに見当たらない)。

流木と水草が多いので隠れて見えないだけだったら良いのだけれど・・・・。

あ、更に・・。
90cm水槽内のチョコグラ。またもや1匹がのどを膨らませ餌を食べなくなった。
ウーーーーーン。

拍手[0回]

CATEGORY[水質]
コメント[ 0 ] 2015年07月16日21:39
昨日、クーラーがついてしまった45cm水槽。ほんと贅沢です。
90cm水槽と同じ物を付けましたから、水温の下がるのが早い早い。
で、喜んじゃ駄目ですよ。つまり魚にとって水温の下降が早い。後は考えて下さい。

さて、クーラーのついた45cm。今朝水のpHを計ったら完全なアルカリ性。
ウソでしょ。ってpH計を試験液に入れても狂っていない。

証拠は無いんですけど・・・。

新品のクーラー。工場組み立て時には色々な化学物質(オイルとか色々)を使っている筈。
そいつが内部に残っていて(洗浄までするとは考えられない)、水の硬度を上げたかな?

チビチョコグラ君はいたって元気なので一安心なんですが、考えて見ると水を通す機器、一旦予備水槽の水を通して確認してから使った方が確実に安心。

今回は急いで設置してしまいました。反省。



拍手[0回]

| HOME |NEXT